騒人 TOP > エッセイ > エッセイ > ビーチボーイズ白浜に吠える(12)
宇佐美ダイ
著者:宇佐美ダイ(うさみだい)
2011年夏、東京から宮崎に戻ってきました。格闘技をやってます。元カメラマンですけど、今は正義の味方の仕事をしています。いつの間にか人の心も読めるようになりました。そして趣味で浮遊しているような写真を三脚+セルフタイマーで撮ってます。林ナツミさんの写真を見て撮り始めました。反原発、反TPPです。今の殺伐とした仕事をテーマにいつか書きたいなあ、と思ってます。
エッセイ/エッセイ

ビーチボーイズ白浜に吠える(12)

[連載 | 完結済 | 全13話] 目次へ
キャンプに参加するため、風呂に入ってきたケンケンに与えられた課題は、焚き火の「欽ちゃんジャンプ」であった。著者も得意の火噴きを披露。そこに風紀委員を震撼させる出来事が。
■デバガメボーイズ

「いや、いや、なんとも遅くなってすんません」
 ようやく、ケンケンがきた。
 驚いたことに、湯上がりである。
 キャンプに参加するために、わざわざ風呂に入ってくるヤツを僕は初めて見た。
 ケンケンに会費分の食事をとっとと与え、さっさと炎飛び越しに挑戦してもらうことにした。
 与えた課題は「欽ちゃんジャンプ」である。
「なんでこーなるの」
 と、叫びつつ飛んでほしい、とケンケンに伝えた。
 難しい課題だ。
 が、しかし、彼はみごとに顔までまねて飛んでみせたのだった。

 炎の中に落ち、生死の境を彷徨う事はなかったが、まあ、多少の恐怖を味わったシンさんの目には、余裕で欽ちゃんジャンプをキメるケンケンがどんな風に写っているのだろうか。
「はーい! はい! はい! はい!」
 なんと、サモ・ハン・キンポーは、炎の横で欽ちゃんジャンプの練習をしていたのであった。
 僕も撮影ばかりではつまんないので得意の火噴きを披露した。
 ハイオクガソリンをマグカップに注いで準備OK。
 それを口に含んで、火種に向かって勢いよく発射するのだ。
 炎は夜気を焦がし、炎の下に垂れたガソリンはオレンジ色の道を作る。
「いよー!」
「たまやー!」
 次々に声があがる。
「おれ、行きます!」
「おれも!」
 火噴きの弟子、ケンケンとジェット山中が僕の両隣に並んだ。

 ごおー

 三本の炎が趨る。
「おー! キングギドラみたいだ!」
「きれい!」
 ケンケンが顔を真っ赤にして噴いている。
 ジェット山中はあいかわらずくそまじめに噴いている。
「いいやつだよ。お前たちは」
 僕は、口元のガソリンをタオルでぬぐいながら言った。
「おれもやりたいです。教えてください」
 シンさんが、手を挙げながら僕のそばにきた。
「じゃあ、ガソリンを口にふくんでみて」
 僕はシンさんにマグカップを手渡した。
「はい。うぐぐぐ。げえー!」
 シンさんは、ガソリンを吐き出し、「うー、水! 水」と、どこかに消えていった。
 やはり、サモ・ハン・キンポーは、炎が弱点であった。

 たかこが帰る、と言うので、駐車場まで送ることにした。
「私、暗いでしょう?」
 足もとをマグライトで照らして歩いていたら、たかこがひとりごとのように言った。
「暗いのよ。自分では明るくしているつもりなんだけど、表情がないのよね」
 僕が返事に困っていると、たかこは続けて言った。
「うーん」
 僕は唸り、たかこがほんの少しだけ笑った。
 駐車場に着いた。
「ありがとう。誘ってくれて。久しぶりに顔が筋肉痛になりそうなくらい笑ったなあ。また明日から暗いたかこに戻るかもしれないけど、ちょっと希望の光が見えてきたわ。おやすみなさい」
「おやすみ」
 闇の中に消えていく車にむかって、僕はマグライトを振った。
 すぐに、車の音は聞こえなくなった。
 僕は、マグライトを消した。
 まっくらだ。
 圧倒的な闇が僕を押し包んで、慣れ親しんだ潮騒が心の奥底を掻き乱す。
 僕は少し震えてしまった。
 でも、怖いもの好きな僕の視線は闇の中をまさぐっている。
 闇の中で何かが動いたような気がした。
 動いた方向に目をこらす。
「へへ」
 僕は少し笑ってしまった。
 何もないさ。
 気のせい。
 僕は勢いよくまわれ右をした。
 遠くに光の固まりが見える。
 そこが僕たちの基地なのだ。
 発電器と投光器のおかげで、縁日に並ぶ屋台のように明るい。
 駐車場のかなりの部分を占拠していた仲間の車もだいぶ減った。
 まあ、とりあえず、キャンプオフは成功だったなあ。
 僕は首をこきこきと左右に振ると、大きな伸びをひとつした。
 その時、腰の携帯電話が鳴った。
「はい、宇佐美です」
「あー、玉田ですけどねえ。えー、風紀委員を呼んできてください。たいへんです」
 ちっともたいへんそうじゃない声が聞こえてきた。
「な、なんですか。なんですか。いったい何ごとです」
「宇佐美さん、ちょっと横をむいてください」
「あれ?」
 そうなのだ。
 僕の隣には、玉田さんのトラックがとまっていて、玉田さんは窓から手を振っている。
 気がつかなかった。
「うーん。またからかっているんだな。しょうがない社長だなあ、まったく」
 と、思ったけど、ちょっと様子が違う。
 玉田さんが、くっくっ、と笑っている。
「わたしの隣の車を見てください。白いワンボックスカーです。くっ、くっ」
 近寄った僕に、玉田さんは小声で言った。
「はい」
 僕は手に持っていたマグライトのスイッチを入れて、その明かりで隣の車の中を照らした。
「あ」
 息を飲んだ。
 車の中には、ふたりの人間がいた。
 男と女だ。
 男が上にいて、何故かふたりとも服を着ていなかったのである。
 いや、正確に言うと上半身は見えなかった。
 下半身だけだ。
 しかし、下半身だけ服をつけていない、というのは、全裸よりエロチックである。
 エロカメラマンが言うのだから、間違いない。
 ウィンドゥ全面に黒いスクリーンが貼られているけれど、完全な目隠しにはなっていない。
 何をしているかくらいはわかる。
「あ」
 もう一度、小さく叫んで玉田さんを見た。
「でしょう? くっ、くっ」
 玉田さんは、鼻を鳴らした。
「いかんですね。くっ、くっ」
 ここは静かな浜辺ではないのだ。
 野人化した元人間が大勢いる中でよく平気でそんな事ができるもんだ。
「いかんです!」
 そう言って、僕は基地に走った。
「はあはあふうふう、風紀委員をなめきった事件が発生しました!」
 都農兄さんに言った。
「なにごとだーい!」
 都農兄さんは遠山の金さんの声で言った。
「宇佐美さん、なんですか!」
 長身の伊東さんが身をのりだした。
「いたしておるのであります!」
 僕は右の拳を握りしめ、人差し指と中指の間から親指を出した。
「おおおおおおおおおおおおおおおお!」
 みな、どよめいた。
 感動のあまり涙を流す者もいた。
 うそだけど。
「いかなくちゃ!」
 川俣さんは、遊園地に出かける子供のように言った。
「どこですか?」
 元風俗の帝王ケンケンがほっぺたをふくらませた。
「えー。犯人は玉田さんのトラックの横の車。白いワンボックスカーの後部座席にひそんでおります」
「えー、度胸あるなあ」
「人のいないとこで行えばいいのに」
「ホテル代、けちってやがる」
「もりあがったのよう!」
「そう! もう、ふたりの世界よ!」
「警告しましょう!」
 そして、なんと、川俣さんを先頭に全員が駐車場にむかうのであった。
「うひひひひひひひひひひひひひひ」
「むふふふふふふふふふふふふふふ」
「ぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷぷ」
「ぐわわわわわわわわわわわわわわ」
 闇が狂気を呼び、足もとから駆け上がってきた潮風が僕たちから理性を奪っていく。
 ねっとりとした大気をまとったビーチボーイズは、マイケルジャクソンのスリラー化していた。
「へええええ」
 美青年イイサカは、ライターを取り出して、白いワンボックスの中をのぞいている。
 玉田さんのトラックの荷台に隠れてのぞくやつ、運転席の玉田さんと会話するフリしながら、のぞくやつ。
 これじゃあ、ビーチボーイズじゃなくて、デバガメボーイズじゃないか。
 もうほんとうに困ったやつらだ。
「たしかに怪しげな体勢でしたけど、動いてはいませんでしたね」
 つれない釣り師リンさんが、冷静に報告してきた。
「もう終わったんだろう」
「いや、縮んでしまったんだろうよ」
 みな勝手なことをほざいている。

 ぽつり

「あ……」
 僕たちの素行の悪さを嘆いた天の神様が、ふたたび怒った。
 プールをひっくりかえしたような雨がまた降ってきたのだ。
「ぎゃー!」
 デバガメボーイズは、叫びつつ売店の前に戻った。
 そして、ぼそぼそとたわいのない話しをはじめるのだった。
 疲れた人は自分の車に戻って寝てもらった。
 大雨じゃなければ、焚き火を囲んで、夜通しウィスキーでも飲みながらバカ話しをしたかったなあ。
 しかたがないので、残った仲間を集めて、怖い話しをすることにした。
(つづく)
(初出:2003年03月)
前へ1 ...... 7 8 9 10 11 12 13
登録日:2010年06月01日 15時20分
タグ : キャンプ

Facebook Comments

宇佐美ダイの記事 - 新着情報

  • Christmas Wave 宇佐美ダイ (2010年06月09日 13時51分)
    前田隆史は、キャラバンを冬の海の海岸に乗り入れた。幼なじみの裕美が声をあげる。フリーカメラマンの前田が撮った女の子は、必ずオーディションに受かるという。写真を撮り終えて車に戻った裕美は、思わぬ告白をする。(小説現代
  • 加速するリビドー 宇佐美ダイ (2010年06月09日 13時44分)
    射精した瞬間、オカズにしていた沙織本人がベットに落ちてきた。彼女に覆い被さったところで何故かAV女優森高あすかを思い出し、またも放ってしまう。すると今度は森高あすかがベットの上に落ちてきたのである。超能力を手に入れた主人公は、その能力を自由自在に扱えるようになるために鍛錬し……。(小説ファンタジー
  • いにしえ 宇佐美ダイ (2010年06月07日 22時15分)
    「代わりに見てきて!」と頼まれ出かけた先は、出雲大社の大社境内遺跡だった。カップルやラジオの生番組をかわしながらずんずんすすむおじさんが出会った携帯電話を握りしめる女の子。淡々とした優しさが感じられる宇佐美エッセー。(エッセイ紀行文・旅行

宇佐美ダイの電子書籍 - 新着情報

  • LeLeLa 宇佐美ダイ (2013年02月22日 19時13分)
    渋谷の喫茶店『スピード』店長で、身長185センチ、握力は100キロを超える北島は頭の中に響き渡る“声”に悩まされていた。狂気の男に襲われる女を助けた北島は、そこで心の力を形にする不思議な力『LeLeLa』に目覚める。しかし、その力は人肉を喰らう吸血鬼――女を襲った津山にも伝染していた。空中に浮かび、信じられない速度で移動する吸血鬼たちは、社会の中に紛れ込み、不可解な殺人事件を起して世界をパニックに陥れようとしていた。炎の『LeLeLa』を駆使する津山に対し、細胞を崩す力を得た北島は鬼と化す。身長203センチのヤクザ、鳴海と協力して吸血鬼の一掃を目指すが……。凄まじい拳と想いが炸裂する伝奇アクション登場! (小説ホラー

エッセイ/エッセイの記事 - 新着情報

  • 幸せになるために覚えておきたいこと (1) 井上真花 (2018年01月30日 13時06分)
    「遅刻しそう」と思うだけで冷や汗が出て手が震え始める。これはどこから来るのだろう? つい家を早く出てしまうが、その30分をタスクに割り振った方が幸せに決まっている。「哲学カフェ」を運営するオフィスマイカ社長、井上氏が二分する自分を探求する。哲学エッセイ第一弾!(エッセイエッセイ
  • 川内村ざんねん譚(12) 西巻裕 (2018年01月04日 13時39分)
    原発事故により人がいなくなった川内村を我が物顔で闊歩するイノシシ。かつてジビエ食材として振る舞われたイノシシにも放射能の規制値が設けられ、ほとんど食べられなくなってしまった……のだが。(エッセイエッセイ
  • 川内村ざんねん譚(11) 西巻裕 (2017年07月30日 15時57分)
    田舎暮らしと都会暮らしではプライバシーの考え方にずいぶんと違いがある。田舎では何でもお見通しで、一見さんにはちょっと考えられないようなことまで筒抜けなのだ。まるでヌーディストクラブのような田舎の気持ちよさにあなたは浸れるだろうか!?(エッセイエッセイ

エッセイ/エッセイの電子書籍 - 新着情報

  • 吾輩は女子大生である 麻梨 (2014年07月19日 15時04分)
    女子大生、麻梨の日常と就活、就職までを記した悪ノリエッセイ22編。下着ドロにあった友人とその後の行方、理解してもらえない趣味など日常のあれこれに始まり、企業説明会、「お祈りメール」こと不採用通知について、「私服でお越し下さい」という面接などの就活エッセイも。「初めて人にいうんだけどさ」と前置きされて、なぜか性癖をカミングアウトする友人たち、人泣かせの彼女たちを潜りぬけ、見事、内定をつかめるか麻梨!(エッセイエッセイ
  • 作家の日常 阿川大樹 (2014年03月29日 20時06分)
    「D列車でいこう」「フェイク・ゲーム」などの著作で知られる人気作家、阿川大樹氏のエッセイ「作家の日常」。オンラインマガジン騒人で連載されていた当作品に、第0回「小説家の誕生と死」――小説家になる前のエピソードを加えて再編集しました。小説家に必要な資質、仕事場・道具、編集者とのつきあい、印税と原稿料についてなど職業作家の日常を赤裸々に告白。氏のファンだけでなく、小説家を目指している人や作家という職業に興味のある方にもオススメのエッセイです。(エッセイエッセイ
  • ワールドカップは終わらない 阿川大樹 (2010年06月13日 17時23分)
    熱狂と興奮の中で幕を閉じた2002FIFAワールドカップ。日韓同時開催のワールドカップとして記憶にも新しい。ジャーナリスト/エッセイストの阿川大樹が1年半の取材と20日間のボランティア、5試合のスタジアム観戦を通じ、舞台裏、客席、オフィスや街…、多角的な視点で「事件」としてのワールドカップを描く。
    価格:315円(エッセイエッセイ

あなたへのオススメ