騒人 TOP > エッセイ > エッセイ > ビーチボーイズ白浜に吠える(3)
宇佐美ダイ
著者:宇佐美ダイ(うさみだい)
2011年夏、東京から宮崎に戻ってきました。格闘技をやってます。元カメラマンですけど、今は正義の味方の仕事をしています。いつの間にか人の心も読めるようになりました。そして趣味で浮遊しているような写真を三脚+セルフタイマーで撮ってます。林ナツミさんの写真を見て撮り始めました。反原発、反TPPです。今の殺伐とした仕事をテーマにいつか書きたいなあ、と思ってます。
エッセイ/エッセイ

ビーチボーイズ白浜に吠える(3)

[連載 | 完結済 | 全13話] 目次へ
さらに集まりつつあるビーチボーイズ。今度はプログラマの佐藤さんに64歳のボディボーダー都農兄さん。そして美青年イイサカの黄色い声が響き渡る。
■波よりビール

「おひかえなすって!」
 縦縞のトランクスにアロハの前を全部あけた佐藤義行さんがナイキのビーチサンダルをパタパタ鳴らしながらやってきた。
「佐藤さん、ブギボは?」
「うひひ。今日はこれでござんす!」
 ボディーボーダーの佐藤さんは、黒い顔の中で真っ白い歯をきらりと光らせると、キリン一番搾りのプルリングをぐいっとひいた。
「ひひひ。では、ちょいと失礼して……」
 それをうぐうぐと一気に飲み干した。
「かー! うんめー! ここんとこ徹夜が続いていたんで、今日は飲んでくらって爆睡させていただきやす」
「プログラマーってたいへんだねえ」
「まったく不健康な商売でさあ。プログラマーやめて、グラマーな女の子を相手にうっしっしの仕事につきたいもんでさあ。あ、今のシャレね。笑っておくんなせい。ききき」
 あまりおもしろくない。
 佐藤さんは、もう一週間も自宅で寝ていないのだそうだ。
 せっかくとれた休みも、僕とつきあうばっかりに、海辺で寝ることになってしまった。
 いやはや、申し訳ない。
「と、いう事で、もう1本。宇佐美さんもどーぞ」
「お。サンキュー」
 僕もうぐうぐと喉を鳴らした。
 うひょうー! 人生最大の幸せここにありってカンジ。
「ところで、今日の基地はどこにするんすか」
「海の家の一番奥、炊事場の隣にしましょう」
 僕は面識のない玉田さんと佐藤さんとを紹介し、三人で屋外炊事場の上に工事用の青いビニールシートで屋根を作った。
 これで雨が降ってきても、調理はできる。
「おーい!」
 駐車場の方からドアの閉まる音とともに野太い声が響いてきた。
 デジカメのストラップを太い腕にまきつけた都農兄さんがやってきたのだ。
 都農兄さんというのはもちろんハンドルである。都農に住んでいるからという理由でつけたのだそうだ。
「よーう! ひさしぶり!」
 都農兄さんはさらに日焼けして精悍《せいかん》な顔つきになっていた。
「今日は波乗りするかい? ボードは車にあるぞ」
 64歳の都農兄さんは、うれしそうに言った。
都農兄さん
 最近、ゲートボール人口が激減していると聞く。
 ゲートボールの軍隊的ともいえるシキタリやヤクソクゴトのキビシサが敬遠されているということらしいのだけれど、そのもっとも多い理由は年輩になってもそれぞれやるべきスポーツや趣味を持っているということなのだそうだ。
 ゲートボールをやる人たちには申し訳ないけれど、60代であっても都農兄さんにはボディーボードやスキーの方が似合うと思う。
 ハワイでサーフィンをした時、800メートルの沖合で波と格闘しているサーファーたちの中に70代や80代の言わば超ベテラン組がいた。
 その中の一人、10フィートの分厚いロングボードに跨って波待ちをしていたテンガロンハットのナットは僕のたどたどしい英語を大きく頷きながら聞いてくれ、僕が波に乗る順番を指示してくれたのだ。
 ナットと彼の仲間たちを見て、いつか必ずやってくる高齢者とよばれる年に僕がなったとしても、絶対に海や山でアクティブにスポーツをしていよう、と思ったのだった。
「すぐ近くに潮騒閣ポイントがありますが、波乗りするにはちょっとおだやかすぎますね」
 僕は都農兄さんに言った。
 凪《なぎ》に近い。
 海の中から突き出た岩の上で、1羽のカラスがのんびりと羽を休めている。
「そうそう。都農兄さんははじめてですよね。こちらの佐藤さんもボディーボーダーですよ」
「ほう。あんたもやるの」
 都農兄さんは、胸の中にボードを抱く仕草をしてみせた。
「いや、いや、今日はこれでござんす」
 佐藤さんは、水滴のたっぷりついたキリン一番搾りを持ち上げた。
「波よりビールか。そうか、残念だな」
「そして、こちらが玉田さん」
 やや顔を伏せ気味の玉田さんを、都農兄さんに紹介した。
 玉田さんは、まだ会ったこともない都農兄さんをネタにからかうような事を『宮崎会議室』に書いていたので、居心地の悪い顔をしていたのだ。
「おお! あーんたが玉田さんか!」
 都農兄さんが声をはり上げた。
「いや……。そのせつは……。えっと……。いつも失礼な事ばかり書いて……」
 玉田さんは頭をかき、僕はその隣でおしりをかいた。
 『宮崎会議室』では傍若無人の玉田さんも、都農兄さんを前にすると股間に尻尾を丸めこんだチワワのようだ。
 実はこの2人の対面を一番心配していのだけど、都農兄さんの気迫勝ちって事で無事一件落着した。
 本日の風紀班長は、都農兄さんにお願いする事にした。
 若い男女を含む大勢が海で一泊するのだから、淫らな事があってもおかしくない。
 しかし、清く正しく美しくをテーマにやってきた、まあどっちかというと硬派な『宮崎ビーチボーイズ』でそういう事があってはならんのである。
 けしからん事をするヤツは、容赦なく都農兄さんに裁いてもらう事にした。
「ところで、浜で遊んでいるカップルは誰と誰だ?」
 たちまち風紀班長の顔になった都農兄さんは、アゴだし水野とイイサカを指さした。
「都農兄さん。あれは2人とも男ですよ」
「え! ほんとか?」
 都農兄さんは、目を大きく見開いて、アゴだし水野とイイサカを見つめなおした。
 その時、イイサカの黄色い声が、浜に響いた。
「いやーん!」
(つづく)
(初出:2002年05月)
登録日:2010年05月31日 20時38分
タグ : キャンプ

Facebook Comments

宇佐美ダイの記事 - 新着情報

  • Christmas Wave 宇佐美ダイ (2010年06月09日 13時51分)
    前田隆史は、キャラバンを冬の海の海岸に乗り入れた。幼なじみの裕美が声をあげる。フリーカメラマンの前田が撮った女の子は、必ずオーディションに受かるという。写真を撮り終えて車に戻った裕美は、思わぬ告白をする。(小説現代
  • 加速するリビドー 宇佐美ダイ (2010年06月09日 13時44分)
    射精した瞬間、オカズにしていた沙織本人がベットに落ちてきた。彼女に覆い被さったところで何故かAV女優森高あすかを思い出し、またも放ってしまう。すると今度は森高あすかがベットの上に落ちてきたのである。超能力を手に入れた主人公は、その能力を自由自在に扱えるようになるために鍛錬し……。(小説ファンタジー
  • いにしえ 宇佐美ダイ (2010年06月07日 22時15分)
    「代わりに見てきて!」と頼まれ出かけた先は、出雲大社の大社境内遺跡だった。カップルやラジオの生番組をかわしながらずんずんすすむおじさんが出会った携帯電話を握りしめる女の子。淡々とした優しさが感じられる宇佐美エッセー。(エッセイ紀行文・旅行

宇佐美ダイの電子書籍 - 新着情報

  • LeLeLa 宇佐美ダイ (2013年02月22日 19時13分)
    渋谷の喫茶店『スピード』店長で、身長185センチ、握力は100キロを超える北島は頭の中に響き渡る“声”に悩まされていた。狂気の男に襲われる女を助けた北島は、そこで心の力を形にする不思議な力『LeLeLa』に目覚める。しかし、その力は人肉を喰らう吸血鬼――女を襲った津山にも伝染していた。空中に浮かび、信じられない速度で移動する吸血鬼たちは、社会の中に紛れ込み、不可解な殺人事件を起して世界をパニックに陥れようとしていた。炎の『LeLeLa』を駆使する津山に対し、細胞を崩す力を得た北島は鬼と化す。身長203センチのヤクザ、鳴海と協力して吸血鬼の一掃を目指すが……。凄まじい拳と想いが炸裂する伝奇アクション登場! (小説ホラー

エッセイ/エッセイの記事 - 新着情報

  • 幸せになるために覚えておきたいこと (1) 井上真花 (2018年01月30日 13時06分)
    「遅刻しそう」と思うだけで冷や汗が出て手が震え始める。これはどこから来るのだろう? つい家を早く出てしまうが、その30分をタスクに割り振った方が幸せに決まっている。「哲学カフェ」を運営するオフィスマイカ社長、井上氏が二分する自分を探求する。哲学エッセイ第一弾!(エッセイエッセイ
  • 川内村ざんねん譚(12) 西巻裕 (2018年01月04日 13時39分)
    原発事故により人がいなくなった川内村を我が物顔で闊歩するイノシシ。かつてジビエ食材として振る舞われたイノシシにも放射能の規制値が設けられ、ほとんど食べられなくなってしまった……のだが。(エッセイエッセイ
  • 川内村ざんねん譚(11) 西巻裕 (2017年07月30日 15時57分)
    田舎暮らしと都会暮らしではプライバシーの考え方にずいぶんと違いがある。田舎では何でもお見通しで、一見さんにはちょっと考えられないようなことまで筒抜けなのだ。まるでヌーディストクラブのような田舎の気持ちよさにあなたは浸れるだろうか!?(エッセイエッセイ

エッセイ/エッセイの電子書籍 - 新着情報

  • 吾輩は女子大生である 麻梨 (2014年07月19日 15時04分)
    女子大生、麻梨の日常と就活、就職までを記した悪ノリエッセイ22編。下着ドロにあった友人とその後の行方、理解してもらえない趣味など日常のあれこれに始まり、企業説明会、「お祈りメール」こと不採用通知について、「私服でお越し下さい」という面接などの就活エッセイも。「初めて人にいうんだけどさ」と前置きされて、なぜか性癖をカミングアウトする友人たち、人泣かせの彼女たちを潜りぬけ、見事、内定をつかめるか麻梨!(エッセイエッセイ
  • 作家の日常 阿川大樹 (2014年03月29日 20時06分)
    「D列車でいこう」「フェイク・ゲーム」などの著作で知られる人気作家、阿川大樹氏のエッセイ「作家の日常」。オンラインマガジン騒人で連載されていた当作品に、第0回「小説家の誕生と死」――小説家になる前のエピソードを加えて再編集しました。小説家に必要な資質、仕事場・道具、編集者とのつきあい、印税と原稿料についてなど職業作家の日常を赤裸々に告白。氏のファンだけでなく、小説家を目指している人や作家という職業に興味のある方にもオススメのエッセイです。(エッセイエッセイ
  • ワールドカップは終わらない 阿川大樹 (2010年06月13日 17時23分)
    熱狂と興奮の中で幕を閉じた2002FIFAワールドカップ。日韓同時開催のワールドカップとして記憶にも新しい。ジャーナリスト/エッセイストの阿川大樹が1年半の取材と20日間のボランティア、5試合のスタジアム観戦を通じ、舞台裏、客席、オフィスや街…、多角的な視点で「事件」としてのワールドカップを描く。
    価格:315円(エッセイエッセイ

あなたへのオススメ