騒人 TOP > エッセイ > エッセイ > ビーチボーイズ白浜に吠える(9)
宇佐美ダイ
著者:宇佐美ダイ(うさみだい)
2011年夏、東京から宮崎に戻ってきました。格闘技をやってます。元カメラマンですけど、今は正義の味方の仕事をしています。いつの間にか人の心も読めるようになりました。そして趣味で浮遊しているような写真を三脚+セルフタイマーで撮ってます。林ナツミさんの写真を見て撮り始めました。反原発、反TPPです。今の殺伐とした仕事をテーマにいつか書きたいなあ、と思ってます。
エッセイ/エッセイ

ビーチボーイズ白浜に吠える(9)

[連載 | 完結済 | 全13話] 目次へ
シンが出た穴に、ふざけてアゴだし水野が頭から飛びこんだものの、自力では出られない様子。あせったメンバーは救出に乗り出す。
■穴で溺《おぼ》れる

 それから1時間ほどいろいろな買い物をして白浜の基地に戻ると、缶ビールの数がかなり減っていた。
 浜を見ると、シンが埋まっていた穴に、アゴだし水野が頭からつっこみ、突き出た爪先に、イイサカが猫のようにじゃれついている。
 その近くで、缶ビールを握りしめた佐藤さんが、「きもちいいざんすー」とでもつぶやくように砂浜に大の字になっていた。
「あれ、なんかへんじゃない?」
 川俣さんの顔から笑みが消えた。
「でられないのかなあ」
 都農兄さんが、僕たちに並んだ。
 アゴ出し水野はふざけて穴に頭から飛び込んでみたものの、自分で脱出できなくなって真剣に苦しんでいるようだ。
 アゴ出し水野の爪先にじゃれていたイイサカも、シャレにならない状況になっているのに気づいたのか、血相をかえて基地に走ってきた。
「助けてあげてー!」
 イイサカは咳き込みながらそれだけを言うと、またアゴ出し水野の元に戻り、足首をつかんで引きずりあげようとするのだった。
 そのすぐ近くでは、缶ビールを握りしめて熟睡してしまった佐藤さんが雑巾になっていた。
 彼のアロハが海水でずぶぬれになっている。
 潮が満ちてきたのだ。
「ヤバイ!」
 シンが大声を出したのが合図かのように、メンバー全員が駆け出した。
「穴は狭いから、中で身体を反転させることはできないんですよ」
 シンは走りながら言った。
「浸水していなければいいが……」
 都農兄さんの、低い声が聞こえた。
「佐藤さんのところまで満ちてますから、もう穴の中には水が入っているはずです!」
 シンが怒鳴るように言った。
「穴の中でおぼれたらしゃれにならないよう」
「けっ!」
「狭い穴の中で逆さになったまま、自分の身長分、両腕で身体を持ち上げていくなんてスパイダーマンみたいな芸当、無理だよ」
 アゴ出し水野の身長は、180近い。
 体育会系だから腕の力はあるのだけど、砂壁を掌で押すたびにそれは崩れてしまっているはず。
 大きな身体を自力で上げるのは不可能だ。
「なんてこったい!」
「オレ、人口呼吸の講習をうけていますよ」
 川俣ジュンジさんが言った。
「うん。もしもの時は頼みます」
 そう言って、僕はイイサカを押しのけて、アゴ出し水野の足首をつかんだ。
 軽自動を持ち上げた事もある。
 背筋と腕の力には絶対の自信があるのだ。
「オレも!」
 綱引き名人、ふとんのまつおかが、僕にならんだ。
 たのもしい男だ。
「ひーん、ひんひん」
 ペタンと座り込んだイイサカが泣き出している。
「イイサカ、泣くな! まつおか、いくぞっ!」
「おす!」
「ふん!」
 一気に引きあげた。
 アゴ出し水野の髪はずぶぬれで、砂にまみれた顔には色がなかった。
 傾いた方に頼りなく倒れてしまうゴミ袋か人形のようだ。
「水野くーん!」
 イイサカが、叫んで抱きついた。
「げっ」
 イイサカにはねとばされた僕とまつおかは穴に落ちそうになった。
「だい……じょうぶ……だから……」
 アゴ出し水野が小さく唇を動かした。
「無事でなりより」
 都農兄さんが静かな声で言った。
「よかった。でも、ちょっと人工呼吸試してみたかったな」
 川俣ジュンジさんがアゴ出し水野の背中を軽く叩いた。
「はは……。男にキスされたかないですよ……」
 アゴ出し水野がつぶやくように言った。
「そうだよな。まったくだ」
 都農兄さんが、豪快に笑った。
「へへへ……」
 アゴ出し水野は、イイサカの肩を借りて立ち上がった。
「ところで、あれどうします」
 ふとんのまつおかが、お気楽笑顔で波に身体を洗われる佐藤さんを指さした。
「50センチだけ移動させてください」
「それだけですか?」
「じゃあ、60センチ」
「いや、せめて1メートル」
「70センチ。もうまけないよ」
「90センチで手をうちましょうよ、だんな」
「だれがだんなじゃい。ええーい、75センチでどうだ」
「買った!」
 そうして雑巾の佐藤さんは、75センチ基地に近づけられたのであった。
(つづく)
(初出:2002年06月)
前へ1 ...... 6 7 8 9 10 11 12
登録日:2010年06月01日 14時12分
タグ : キャンプ

Facebook Comments

宇佐美ダイの記事 - 新着情報

  • Christmas Wave 宇佐美ダイ (2010年06月09日 13時51分)
    前田隆史は、キャラバンを冬の海の海岸に乗り入れた。幼なじみの裕美が声をあげる。フリーカメラマンの前田が撮った女の子は、必ずオーディションに受かるという。写真を撮り終えて車に戻った裕美は、思わぬ告白をする。(小説現代
  • 加速するリビドー 宇佐美ダイ (2010年06月09日 13時44分)
    射精した瞬間、オカズにしていた沙織本人がベットに落ちてきた。彼女に覆い被さったところで何故かAV女優森高あすかを思い出し、またも放ってしまう。すると今度は森高あすかがベットの上に落ちてきたのである。超能力を手に入れた主人公は、その能力を自由自在に扱えるようになるために鍛錬し……。(小説ファンタジー
  • いにしえ 宇佐美ダイ (2010年06月07日 22時15分)
    「代わりに見てきて!」と頼まれ出かけた先は、出雲大社の大社境内遺跡だった。カップルやラジオの生番組をかわしながらずんずんすすむおじさんが出会った携帯電話を握りしめる女の子。淡々とした優しさが感じられる宇佐美エッセー。(エッセイ紀行文・旅行

宇佐美ダイの電子書籍 - 新着情報

  • LeLeLa 宇佐美ダイ (2013年02月22日 19時13分)
    渋谷の喫茶店『スピード』店長で、身長185センチ、握力は100キロを超える北島は頭の中に響き渡る“声”に悩まされていた。狂気の男に襲われる女を助けた北島は、そこで心の力を形にする不思議な力『LeLeLa』に目覚める。しかし、その力は人肉を喰らう吸血鬼――女を襲った津山にも伝染していた。空中に浮かび、信じられない速度で移動する吸血鬼たちは、社会の中に紛れ込み、不可解な殺人事件を起して世界をパニックに陥れようとしていた。炎の『LeLeLa』を駆使する津山に対し、細胞を崩す力を得た北島は鬼と化す。身長203センチのヤクザ、鳴海と協力して吸血鬼の一掃を目指すが……。凄まじい拳と想いが炸裂する伝奇アクション登場! (小説ホラー

エッセイ/エッセイの記事 - 新着情報

  • 川内村ざんねん譚(12) 西巻裕 (2018年01月04日 13時39分)
    原発事故により人がいなくなった川内村を我が物顔で闊歩するイノシシ。かつてジビエ食材として振る舞われたイノシシにも放射能の規制値が設けられ、ほとんど食べられなくなってしまった……のだが。(エッセイエッセイ
  • 川内村ざんねん譚(11) 西巻裕 (2017年07月30日 15時57分)
    田舎暮らしと都会暮らしではプライバシーの考え方にずいぶんと違いがある。田舎では何でもお見通しで、一見さんにはちょっと考えられないようなことまで筒抜けなのだ。まるでヌーディストクラブのような田舎の気持ちよさにあなたは浸れるだろうか!?(エッセイエッセイ
  • 吾輩は司書である(29) 麻梨 (2017年04月19日 16時47分)
    外面はスペックの高い女子二名。ひとりは腐女子でもうひとりはダブルパンツ。見抜けるモノはそうざらにはおるまい……。人は見かけによらないというお話。(エッセイエッセイ

エッセイ/エッセイの電子書籍 - 新着情報

  • 吾輩は女子大生である 麻梨 (2014年07月19日 15時04分)
    女子大生、麻梨の日常と就活、就職までを記した悪ノリエッセイ22編。下着ドロにあった友人とその後の行方、理解してもらえない趣味など日常のあれこれに始まり、企業説明会、「お祈りメール」こと不採用通知について、「私服でお越し下さい」という面接などの就活エッセイも。「初めて人にいうんだけどさ」と前置きされて、なぜか性癖をカミングアウトする友人たち、人泣かせの彼女たちを潜りぬけ、見事、内定をつかめるか麻梨!(エッセイエッセイ
  • 作家の日常 阿川大樹 (2014年03月29日 20時06分)
    「D列車でいこう」「フェイク・ゲーム」などの著作で知られる人気作家、阿川大樹氏のエッセイ「作家の日常」。オンラインマガジン騒人で連載されていた当作品に、第0回「小説家の誕生と死」――小説家になる前のエピソードを加えて再編集しました。小説家に必要な資質、仕事場・道具、編集者とのつきあい、印税と原稿料についてなど職業作家の日常を赤裸々に告白。氏のファンだけでなく、小説家を目指している人や作家という職業に興味のある方にもオススメのエッセイです。(エッセイエッセイ
  • ワールドカップは終わらない 阿川大樹 (2010年06月13日 17時23分)
    熱狂と興奮の中で幕を閉じた2002FIFAワールドカップ。日韓同時開催のワールドカップとして記憶にも新しい。ジャーナリスト/エッセイストの阿川大樹が1年半の取材と20日間のボランティア、5試合のスタジアム観戦を通じ、舞台裏、客席、オフィスや街…、多角的な視点で「事件」としてのワールドカップを描く。
    価格:315円(エッセイエッセイ

あなたへのオススメ