騒人 TOP > エッセイ > エッセイ > 新妻日記(1)
井上真花
著者:井上真花(いのうえみか)
有限会社マイカ代表取締役。日本冒険作家クラブ会員。長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都文京区に在住。1995年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「オフィスマイカ」を設立。
エッセイ/エッセイ

新妻日記(1)

[連載 | 連載中 | 全1話] 目次へ
再婚された著者が、はじめて旦那さんと息子さんが対面したときの様子を描く。人妻日記から5年。待ちに待ったエッセイがついに再開!
 思えば、息子と彼の出会いは壮絶だった。

 当時私は編集部に勤めていて、毎日終電近くまで仕事をしていた。息子は一人でコンビニ弁当を食べ、テレビとゲームをして暮らしていた。彼は何もいわなかったが、親一人子一人の家族で親が家にいないなんて、きっと心細かったに違いない。寂しかったに違いない。
 その頃、私は今の夫と出会った。彼は、毎晩遅くまで仕事をする私の体を心配し、毎日会社まで車で迎えにきてくれた。仕事が終わって会社から出ると、そこには決まって彼の車が止まっていた。窓から中をのぞくと、そこにはゲームボーイで遊ぶ彼の姿があった。

 彼はいつも、我が家の前で私を降ろしてくれた。しかし、その日は何故か車のエンジンを止め、私と一緒に車を降りた。
「そろそろ、息子さんにも挨拶しておくか」
「突然?」
「うん、いいんじゃない?」
 我が家の玄関に立ち、チャイムを押した。
「はーい」
 息子の明るい声。私は、もっていたカギでドアを開けた。
「ただいまー」
「はじめましてー」
 私と彼がほぼ同時にそう言いながら部屋に入ると、
「おっかえりー!」
 息子は妙なポーズで踊りながら、元気いっぱいに出迎えてくれた。母を楽しい雰囲気で迎えてやろうと、彼なりに工夫したのだろう。しかし、そこには母以外の人の姿が。彼は、妙なポーズのまま固まってしまった。
「…え?」
 息子の顔には、大きなクエスチョンマーク。笑顔のまま、目だけがきょろきょろ忙しく動いていた。あまりのことに、現状が把握できていないらしい。
「突然ごめんね。けんたです」
 笑いをこらえながら、彼は息子に自己紹介した。
「は、はあ…」
 笑顔のまま、なんとなく相槌をうつ息子。
「この人に車で送ってきてもらったんだよ」
 私も笑いをこらえ、ようやく説明した。
「あ、それは、どうも…」
 笑顔のまま、さらに相槌をうつ息子。
「ま、またくるから。今日はもう遅いからこれで帰るね、みひろくん」
 彼はぴょこっと会釈して、車に戻っていった。肩が震えている。
「で、なにしてるのよ君は」
 笑顔から素に戻れなくなっている息子の肩を、ドンと叩いた。へなへなと息子のポーズは崩れた。

 その夜、彼から電話があった。
「ごめんねー。びっくりしたんだろうね、彼は」
「そうみたい。しかも、まだ理解できていないみたいね。台所でぼーっと水飲んでる」
「ありゃりゃ」
 くすくす。電話の向こうで楽しげに笑う彼。
「それにしてもかわいかったなー、みーくん。いつもあんな感じ?」
「そうね、私を楽しい雰囲気で迎えようと、工夫してるみたい。学校では無口で暗い奴みたいだけど…」
「信じられん。あのままがいいのに。すげーいいよ、あの子」
「そう?」
 アホじゃないかと思われたのではないか心配だった私は、ひとまず安心した。
「うん、いいよ。笑えた。それにね、目が」
「目?」
「うん、目がすげーきれいなんだ。ウソつけないな、あの子には」
 びっくりした。目がきれい? 台所で放心している息子の顔を見ても、そんな風には思えなかった。
「とにかく、オレは彼が好きだ。彼もオレを好きになってくれるといいんだけど…」
 電話を切って、私は息子に聞いてみた。
「ね、さっきの人さ」
「あ、うん」
「どんな人に見えた?」
 息子はしばらく考えこんでいた。なにか思ったことがあるらしい。どきどきしながら待っていると、
「ねえ、あの人ってけんたっていうの?」
「そうよ」
「じゃ、男? でもなー…見た目は女の人だったよな…」
(つづく)
(初出:2001年08月)
   1   
登録日:2010年05月30日 15時26分
タグ : 再婚 出会い

Facebook Comments

井上真花の記事 - 新着情報

  • 幸せになるために覚えておきたいこと (1) 井上真花 (2018年01月30日 13時06分)
    「遅刻しそう」と思うだけで冷や汗が出て手が震え始める。これはどこから来るのだろう? つい家を早く出てしまうが、その30分をタスクに割り振った方が幸せに決まっている。「哲学カフェ」を運営するオフィスマイカ社長、井上氏が二分する自分を探求する。哲学エッセイ第一弾!(エッセイエッセイ
  • 二人暮らし(2) 井上真花 (2010年05月30日 16時16分)
    洗濯機コーナーには、上靴が真っ黒なまま数週間放置され、お風呂の排水溝には抜けた髪の毛がつまり、食卓の上には……自宅で仕事をすることになったのをキッカケに一念発起。一日かけて部屋を大掃除したのはよいのだけれども、次の日、息子さんの顔には無数のジンマシンが……。木魂の棲む部屋の惨状とは。(エッセイエッセイ
  • 二人暮らし(1) 井上真花 (2010年05月30日 16時14分)
    息子さんを名古屋まで迎えに行く。別れのとき。「さびしくないかって?」大いに語る息子さん。思いがけぬ男の顔と子どもの無邪気さの同居。東京で二人暮らしのはじまり。(エッセイエッセイ

井上真花の電子書籍 - 新着情報

  • ショートラブストーリー 井上真花 (2010年08月17日 19時56分)
    誰でも一度は味わったことのある「ちょっとした恋心」を、とても短いお話にまとめてみました。全18話、きっとあっという間に読めてしまいます。通学や通勤のお供としてお楽しみ下さい。
    価格:210円(小説現代

エッセイ/エッセイの記事 - 新着情報

  • 川内村ざんねん譚(13) 西巻裕 (2018年07月30日 16時53分)
    こちらの文化的にはコミュニケーションは会話であり酒の酌み交わしだ。誰それの話題に積極的に参加することで外様もスムーズにお付き合いに入っていける。それでも最近はインターネットで調べてみろという人も現れた。しかし、ネットでは絶対に見つけられない情報もあるのだ…。(エッセイエッセイ
  • 幸せになるために覚えておきたいこと (1) 井上真花 (2018年01月30日 13時06分)
    「遅刻しそう」と思うだけで冷や汗が出て手が震え始める。これはどこから来るのだろう? つい家を早く出てしまうが、その30分をタスクに割り振った方が幸せに決まっている。「哲学カフェ」を運営するオフィスマイカ社長、井上氏が二分する自分を探求する。哲学エッセイ第一弾!(エッセイエッセイ
  • 川内村ざんねん譚(12) 西巻裕 (2018年01月04日 13時39分)
    原発事故により人がいなくなった川内村を我が物顔で闊歩するイノシシ。かつてジビエ食材として振る舞われたイノシシにも放射能の規制値が設けられ、ほとんど食べられなくなってしまった……のだが。(エッセイエッセイ

エッセイ/エッセイの電子書籍 - 新着情報

  • 吾輩は女子大生である 麻梨 (2014年07月19日 15時04分)
    女子大生、麻梨の日常と就活、就職までを記した悪ノリエッセイ22編。下着ドロにあった友人とその後の行方、理解してもらえない趣味など日常のあれこれに始まり、企業説明会、「お祈りメール」こと不採用通知について、「私服でお越し下さい」という面接などの就活エッセイも。「初めて人にいうんだけどさ」と前置きされて、なぜか性癖をカミングアウトする友人たち、人泣かせの彼女たちを潜りぬけ、見事、内定をつかめるか麻梨!(エッセイエッセイ
  • 作家の日常 阿川大樹 (2014年03月29日 20時06分)
    「D列車でいこう」「フェイク・ゲーム」などの著作で知られる人気作家、阿川大樹氏のエッセイ「作家の日常」。オンラインマガジン騒人で連載されていた当作品に、第0回「小説家の誕生と死」――小説家になる前のエピソードを加えて再編集しました。小説家に必要な資質、仕事場・道具、編集者とのつきあい、印税と原稿料についてなど職業作家の日常を赤裸々に告白。氏のファンだけでなく、小説家を目指している人や作家という職業に興味のある方にもオススメのエッセイです。(エッセイエッセイ
  • ワールドカップは終わらない 阿川大樹 (2010年06月13日 17時23分)
    熱狂と興奮の中で幕を閉じた2002FIFAワールドカップ。日韓同時開催のワールドカップとして記憶にも新しい。ジャーナリスト/エッセイストの阿川大樹が1年半の取材と20日間のボランティア、5試合のスタジアム観戦を通じ、舞台裏、客席、オフィスや街…、多角的な視点で「事件」としてのワールドカップを描く。
    価格:315円(エッセイエッセイ

あなたへのオススメ

  • 恥ずかしい再婚 井上真花 (2010年05月30日 15時33分)
    少しずつ仕事が入ってくるようになって、明日の食費も半年後の食費も心配することがなくなり、気が付くと、当たり前のように、ひとりの男性が隣で一緒に未来を語っていた。「どんな仕事しているの? いくつの人?」なんでもない質問に、筆者は恐怖する。「ん。あのね。年下なの」(エッセイエッセイ
  • 松田聖子世代★緊急レポート 井上真花 (2010年05月30日 15時12分)
    今回の離婚騒動を機会に、松田聖子さんと同い年の著者が、自分の人生を重ねて振り返り、そして進んでゆく。(エッセイエッセイ