騒人 TOP > 小説 > ファンタジー

ファンタジー小説

記事/ファンタジー小説 - 新着情報
電子書籍/ファンタジー小説 - 新着情報

ピックアップ - pickup

  • 赤い死神 右手に鎌を左手に君を(12) 天生諷 (2014年07月19日 13時53分)
    東の間ではエミリアとレシオールが襲い来る黄金の城に対応していた。一般構成員がハイダーナイツにはかなわない。そこにバラーズの付き人アイリーンが現れる。何一つ変わらない要望と裏腹に、異様な気配を立ち上らせていた。(小説ファンタジー
  • 花霞(11) 北見遼 (2010年06月27日 16時55分)
    慣れない女官の正装をさせられた紅耀は城内を探索に出かける。舜水に紅耀の危険性をうったえる子羽。しかし、相変わらず緊迫感とは無縁の表情を浮かべたままの舜水なのだった。(小説ファンタジー
  • 花霞(17) 北見遼 (2010年09月21日 14時24分)
    いまを去ること十数年前――。紅耀の父、朱叡は「天華の治」にあって、炎狼は時代遅れと断じた。それに不満だった弟もまた邑を出てゆき、孤独を癒すように息子と娘を見やる朱叡だったが……。紅耀が紅耀となった哀しきエピソードが明かされる。(小説ファンタジー