騒人 TOP > 小説 > ファンタジー > よろめくるまほろば(1)
石川月洛
著者:石川月洛(いしかわつきみ)
創作フェチの物語フェチ。時間と人間と山椒が苦手。迷ったときのおまじないは、「つま先の向いている方が未来」(byつきみん)。つまり、出たとこ勝負。創ることならなんでも好きな、やってみたがり。でも長続きはしない……。近頃は、自分の人生が「情熱」知らずだったことに気づかされて、いやでもそれってどこで修行すれば会得できんだよ、というのがテーマです。
小説/ファンタジー

よろめくるまほろば(1)

[連載 | 連載中 | 全2話] 目次へ
病院にやってきた倉持さんは、必死の形相で懇願した。「寿命でしょう」僕が宣言すると、倉持さんはポロポロと涙を流した。仄暗く怪しげな病院の診察風景を描く「よろめくるまほろば」連載開始!
 倉持さんとハエ取り草

 顔を真っ赤にして、かっと開いた瞳を潤ませながら、ひいた顎で押しつぶした気管支から絞り出すような声で倉持さんは言った。
 「そこをなんとか、……先生!」
 倉持さんは、診察台に身を乗り出して、僕に迫る。
 象の肌のように深い皺の刻まれた顔に、黒々とした太い眉、その下には腫れぼったい一重まぶたの目、大きな涙袋が小刻みに揺れている。口ひげと顎ひげはどちらも白く、やはり白いモミアゲに繋がっていて、頭髪と対照的な豊かさだ。いまだに現役だという土方仕事で鍛え上げた筋肉に、ゴルフウェアのポロシャツが窮屈そうに貼り付いている。胸の刺繍が倉持さんの動悸に揺さぶられているのを僕は凝視していた。
 僕と倉持さんの間には、あまり大きくない診察台と、その上に風呂敷を敷いて乗せられた植木鉢がひとつ。植木鉢には、ハエ取り草の小さな株が生えている。
 僕は黙って椅子を回転させてデスクに向き直り、ノートパソコンで調べるしかなかった。
 先生だけが頼りなんです、こいつがこんな姿になったのは儂のせいなんです、儂が無理にこいつに餌を食べさせようとしたのがいけなかったんです、食べさせ過ぎたんです、それはわかってるんです、もうこんなこと二度としません、誓います、だからどうかどうかこいつを元の元気な姿に戻してやってください。
 倉持さんの呪術のような、か細いつぶやきが聞こえている。
 僕は意を決して椅子を回転させながら、「倉持さん、」と声をかけた。
 倉持さんの眼光で、僕は、見えないなにかに磷付にされてしまった。
 「残念ですが、そのコはもう助かりません。おそらく寿命でしょう」
 倉持さんは無言で僕に次の言葉を迫っている。診察台の上で鉢を包むごわついた両手が音をたてて震えている。
 「そのまま放置しておけば、その1本は枯れて朽ちると思います。……あのぉ、よければ、今、ここで切除しましょうか?」
 倉持さんは、唇を痙攣させながら、「先生におまかせします」と言った。
 そこで僕は、デスクの引き出しからハサミを取り出して、捕食器のついた葉を根元から切り取った。そして、その根際に、新しい芽を見つけた。
 「倉持さん、ここ、見てください!」
 鉢を差し出すと、倉持さんは、ぽろぽろと泣き出した。まばたきを忘れたまま、涙を流し続けている。ぱくぱくと釣り上げられた魚のように無意味に口を開いたり閉じたりしている。やがて、
 「命が巡っているということですね!」
 と、興奮して唾を飛ばしながら叫んだ。
 僕は、切り取った葉を滅菌ガーゼで包んで、倉持さんに差し出しながら、
 「毛が生え変わっているのだと思ってはいかがですか? 何度も何度も生え変わっては大きくなっていくんです」
 「そういうものですか?」
 「そういうものです」
 倉持さんは、はあぁーっと、力んでいた体を弛ませ、顔面の皺を絶妙に歪ませて、ほほ笑んだ。やっぱり先生だなぁ、頼りになるなぁ、と大事に抱えたハエ取り草の鉢に向かって話しかけ、何度も振り返っては僕に頭を下げながら帰って行った。
 僕は、玄関のガラスドアに貼ったシールの看板文字越しに、倉持さんの大きな背中を見送った。「とよひらどうぶつびょういん」の文字はちゃんとそこにあった。
(つづく)
(初出:2012年11月)
   1 2
登録日:2012年11月14日 16時58分
タグ : 病院 医師 不思議

Facebook Comments

石川月洛の記事 - 新着情報

  • よろめくるまほろば(2) 石川月洛 (2015年09月19日 13時58分)
    診察室にやってきたサトヤくんはしゃべらない。彼がもってきたケースにはカラーモールで作られた蜘蛛の人形――ターチがいた。ターチと話すサトヤに僕は……。(小説ファンタジー
  • 住みやすい街づくり 石川月洛 (2012年06月06日 17時14分)
    健康診断のため休暇届を出したというのに、部下のミスで書類に押印をするためだけに出社する男。やっと病院にたどり着いた男だったが……。石川月海のショートショート第一弾。(小説SF

小説/ファンタジーの記事 - 新着情報

  • よろめくるまほろば(2) 石川月洛 (2015年09月19日 13時58分)
    診察室にやってきたサトヤくんはしゃべらない。彼がもってきたケースにはカラーモールで作られた蜘蛛の人形――ターチがいた。ターチと話すサトヤに僕は……。(小説ファンタジー
  • いらない王様 新美健 (2015年07月21日 14時26分)
    あるとき、あるところにひとりの王様がいました。とても体が大きく、頭のいい人でしたが、気が短くて乱暴であったため、家来たちに自分の国から追い出されてしまいます。ついてきたのは道化師ひとりだけ…。番組化もした童話原作。(小説ファンタジー
  • 約束の夏(4) 天野雅 (2014年09月23日 15時35分)
    玲子に取り憑いたとおぼしき霊の目的とは? かつてのこの場所であった出来事が生者を巻き込み展開する。約束の夏、最終章。(小説ファンタジー

小説/ファンタジーの電子書籍 - 新着情報

  • 瞳の奥に眠る森 城本朔夜 (2011年09月29日 15時47分)
    エリートたちが集うネスト本校に通うサナイに、リゴフィールド行きが告げられた。就職と出世の貴重なカードとなるチャンスにも、サナイの心は浮かばない。ひとり分け入った森林で見たオーグルの意外な姿。兄の死の真相、ヒビキの出生、カスガの怪しい行動。次々と明らかになる大人たちの欺瞞と葬り去られた過去に立ち向かう感動の大作! (小説ファンタジー
  • 麗人軍師とオアシスの魔法使い 新美健 (2011年04月20日 14時58分)
    『桜花の大乱』より、一年半後――。解脱してしまいそうな平和な春、第三王女であるウズメ姫に呼ばれた侍女コノハは、密書を託される。オアシスとも称される砂漠の国、ブランク王国に赴いたコノハが、大乱の英雄ユキムラに渡した密書は、世界大戦の引き金になりかねないものだった!
    価格:315円(小説ファンタジー
  • イペタムの刀鞘 城本朔夜 (2010年11月20日 15時42分)
    蛇の痣(あざ)がある孤児、カカミ。村中の人間から「悪魔」と忌み嫌われる彼は、妖刀イペタムに魅入られ、寝食を忘れてイペタムの鞘作りに没頭する。そんな彼をそっと見守るのは、皆殺しにあった村で姉と二人だけ生き残った美しい娘、ミナ。やがて数年の研鑽が実を結び、ついに鞘が完成するが……。
    価格:350円(小説ファンタジー

あなたへのオススメ

  • ともしび 天野雅 (2010年07月31日 14時35分)
    「今」から逃げだしたい気持ちにトモヤは深く沈んでいた。とつぜん目の前に突き出されたローソクと、それを持っているパジャマ姿の少年。「ねぇ、とりかえる? 早く楽になれるよ」(小説ファンタジー
  • 宣う躰(6) おおみち礼治 (2014年05月28日 18時23分)
    患者達に密かに付けられたあだ名は“キンニク”。ボディービルで鍛えられた肉体に支えられた元気な医師だったが、患者側から見ると必ずしも頼りがいがあると云えるわけではないようだ。(小説ファンタジー