騒人 TOP > 小説 > ファンタジー > よろめくるまほろば(2)
石川月洛
著者:石川月洛(いしかわつきみ)
創作フェチの物語フェチ。時間と人間と山椒が苦手。迷ったときのおまじないは、「つま先の向いている方が未来」(byつきみん)。つまり、出たとこ勝負。創ることならなんでも好きな、やってみたがり。でも長続きはしない……。近頃は、自分の人生が「情熱」知らずだったことに気づかされて、いやでもそれってどこで修行すれば会得できんだよ、というのがテーマです。
小説/ファンタジー

よろめくるまほろば(2)

[連載 | 連載中 | 全2話] 目次へ
診察室にやってきたサトヤくんはしゃべらない。彼がもってきたケースにはカラーモールで作られた蜘蛛の人形――ターチがいた。ターチと話すサトヤに僕は……。
 サトヤくんとターチ

 小さな診察台を間に挟んで、もう一時間近くも、僕は、台の向こうのサトヤくんと台の上の箱とを見比べている。
 少年は、診察カードの名前の欄に『サトヤ』とだけ書いたきり、診察室に呼んでも、椅子を勧めても、僕の方を見もしない。声も出さない。
 診察台の上にそっと置かれたティッシュボックスほどの大きさの箱は半透明のプラスチックで、蓋には小さな穴がいくつか開けられていた。中には僕の手のひらくらいの大きさのなにかが入っている。黒っぽい影は、ここに置かれてまだ一度も動いていない。少年も、動かない。立ったままだ。
「座りたくないならそれでもいいけど」
 少年の気持ちが落ち着くのを待つにも限界がある。
「この中にいるの、キミの友だちだね? 見せてもらうよ?」
 ケースに手を伸ばした僕の手を咄嗟に払いのけようとしたものの、思い直したらしい。台の上に上げた手を戻して、サトヤくんはまたおとなしく立ったままの姿勢になった。
 その様子を見守ってから、僕はケースを手元に寄せ、半透明の蓋を少し開けて中をうかがった。
 中のなにものかは、動かない。
 視線をサトヤくんに移すと、少年はようやく決意したように顔をこわばらせながら、
「タランチュラだよ。動かないから怖がらなくていいよ」
 僕はゆっくりと蓋を取った。
「サトヤくん」
「おとなしい、いいこなんだ」
「そうだね」
 中にいたのは、焦げ茶色とオレンジ色のカラーモールで作られた人形の蜘蛛だった。たしかにタランチュラに見える。よくできている。
「キミが作ったの?」
 少年の顔つきが一気に険しくなった。
「……そうだよ、そうだけど、ちがう。ターチは生きてるんだ。おもちゃなんかじゃないんだ」
 ケースの中に手をいれて、僕は、タランチュラを左の手のひらに乗せた。
「ターチか。いい名前だ。それに、とてもいいこだね。おとなしくて、やさしくて、時々おもしろい話もしてくれる。すてきな友だちだ」
 少年は、一瞬笑顔になりかけたものの、すぐにまたなにかに耐えているような固い表情になった。
「ぼくのこと、子どもだと思ってバカにしてるんだ。いつまでも人形遊びなんかしてるのはおかしいって、父さんも母さんも。ふたりとも、ぼくが学校に行っている間にターチを捨てようとした。それでぼく、ずっと部屋から出なかったんだ」
 そんな子がなんでまた僕のところに?
「でも、ターチが言うんだ」
「うん?」
「机の引き出しの奥にでも隠してしまいなさい、ケースから出せば小さいんだからどこにでも隠せる。隠して、そのまま忘れてしまえば、もっといい。親たちの言うとおり、サトヤはもう大きいんだから、いつまでも自分とばかり話していないで、学校の友だちを作った方がいい、て」
「そうか」
 僕は手のひらのターチの顔と思われる部分をじっと見つめた。茶色いモールに目はついていない。
 視界の隅に、涙を必死にこらえる少年の顔が見えていた。
「本当にいいやつなんだな、ターチ」
「せんせい、ぼくのことバカにしないの?」
「キミのなにをバカにするんだよ」
「ターチがしゃべること、信じてくれるの?」
「信じる、か」
 僕のことばを訝しがっている少年の表情に、しっかり真面目に引き締めた顔を作って、言った。
「ほら、さっきからターチもずっと泣きそうになるのをこらえてる。キミの言うことを信じるかどうかじゃない、ターチが心を持っているのは事実なんだよ。ねぇ、サトヤくんにだけ教えるよ、いいね、秘密だからだれにもしゃべっちゃダメだよ」
 声をひそめる僕に少年は目をしばたたかせながらも大きくうなずいた。
「うちにいる白い猫、僕ね、あいつと会話できるんだ」
「猫がしゃべるの?」
「時々ね。でも、だれかにバレると困るから、普段は心の声で会話してる」
「すごい! テレパシーだ!」
「いや、すごくなんてないよ。サトヤくんとターチにだってできるさ」
 僕は、カラーモールのターチをそっと少年の手に渡しながら、
「少しターチと相談してごらん。心の声でね。それで、結論が出たら教えて。キミたちは僕にどうして欲しいのか」



 サトヤ少年は、週末になるとおやつを持ってここに来るようになった。
 おやつは、預かり料らしい。
 最初は週に二回は顔を見せていたけれど、近頃は土曜日だけになっていた。とうとう今週はサッカーの試合があるから来られない、とメールしてきた。
「それで? あの子からいくらか補給はしたんだろうな?」
「しないよ!」
「なんで? どうせ忘れていく記憶なんだ」
「忘れるわけじゃない。ただ、思い出す時間がだんだん少なくなるだけだよ」
 僕は、プラスチックケースの中のターチに向かってやさしく言った。
 背後にいる『猫』には、あえて振り向かない。
「……いつまでそんなキレイゴトばかり言っているつもりだ? もう余裕なんてない。オマエが一番よくわかってるはずだよな?」
 僕は、応えないまま、ターチを見つめ続けた。
 『猫』の言葉は初冬の風のように冷たい。いつまでもまとわりつく風に、
「わかっているからこそ、」
 つぶやいてみたけれど、僕の声は小さすぎて僕の耳にさえ届かなかった。
(つづく)
(初出:2015年09月19日)
前へ 1 2   
登録日:2015年09月19日 13時58分

Facebook Comments

石川月洛の記事 - 新着情報

  • よろめくるまほろば(1) 石川月洛 (2012年11月14日 16時58分)
    病院にやってきた倉持さんは、必死の形相で懇願した。「寿命でしょう」僕が宣言すると、倉持さんはポロポロと涙を流した。仄暗く怪しげな病院の診察風景を描く「よろめくるまほろば」連載開始!(小説ファンタジー
  • 住みやすい街づくり 石川月洛 (2012年06月06日 17時14分)
    健康診断のため休暇届を出したというのに、部下のミスで書類に押印をするためだけに出社する男。やっと病院にたどり着いた男だったが……。石川月海のショートショート第一弾。(小説SF

小説/ファンタジーの記事 - 新着情報

  • よろめくるまほろば(2) 石川月洛 (2015年09月19日 13時58分)
    診察室にやってきたサトヤくんはしゃべらない。彼がもってきたケースにはカラーモールで作られた蜘蛛の人形――ターチがいた。ターチと話すサトヤに僕は……。(小説ファンタジー
  • いらない王様 新美健 (2015年07月21日 14時26分)
    あるとき、あるところにひとりの王様がいました。とても体が大きく、頭のいい人でしたが、気が短くて乱暴であったため、家来たちに自分の国から追い出されてしまいます。ついてきたのは道化師ひとりだけ…。番組化もした童話原作。(小説ファンタジー
  • 約束の夏(4) 天野雅 (2014年09月23日 15時35分)
    玲子に取り憑いたとおぼしき霊の目的とは? かつてのこの場所であった出来事が生者を巻き込み展開する。約束の夏、最終章。(小説ファンタジー

小説/ファンタジーの電子書籍 - 新着情報

  • 瞳の奥に眠る森 城本朔夜 (2011年09月29日 15時47分)
    エリートたちが集うネスト本校に通うサナイに、リゴフィールド行きが告げられた。就職と出世の貴重なカードとなるチャンスにも、サナイの心は浮かばない。ひとり分け入った森林で見たオーグルの意外な姿。兄の死の真相、ヒビキの出生、カスガの怪しい行動。次々と明らかになる大人たちの欺瞞と葬り去られた過去に立ち向かう感動の大作! (小説ファンタジー
  • 麗人軍師とオアシスの魔法使い 新美健 (2011年04月20日 14時58分)
    『桜花の大乱』より、一年半後――。解脱してしまいそうな平和な春、第三王女であるウズメ姫に呼ばれた侍女コノハは、密書を託される。オアシスとも称される砂漠の国、ブランク王国に赴いたコノハが、大乱の英雄ユキムラに渡した密書は、世界大戦の引き金になりかねないものだった!
    価格:315円(小説ファンタジー
  • イペタムの刀鞘 城本朔夜 (2010年11月20日 15時42分)
    蛇の痣(あざ)がある孤児、カカミ。村中の人間から「悪魔」と忌み嫌われる彼は、妖刀イペタムに魅入られ、寝食を忘れてイペタムの鞘作りに没頭する。そんな彼をそっと見守るのは、皆殺しにあった村で姉と二人だけ生き残った美しい娘、ミナ。やがて数年の研鑽が実を結び、ついに鞘が完成するが……。
    価格:350円(小説ファンタジー