宇佐美ダイ
著者:宇佐美ダイ(うさみだい)
2011年夏、東京から宮崎に戻ってきました。格闘技をやってます。元カメラマンですけど、今は正義の味方の仕事をしています。いつの間にか人の心も読めるようになりました。そして趣味で浮遊しているような写真を三脚+セルフタイマーで撮ってます。林ナツミさんの写真を見て撮り始めました。反原発、反TPPです。今の殺伐とした仕事をテーマにいつか書きたいなあ、と思ってます。
小説/ホラー
【電子書籍】LeLeLa
渋谷の喫茶店『スピード』店長で、身長185センチ、握力は100キロを超える北島は頭の中に響き渡る“声”に悩まされていた。狂気の男に襲われる女を助けた北島は、そこで心の力を形にする不思議な力『LeLeLa』に目覚める。しかし、その力は人肉を喰らう吸血鬼――女を襲った津山にも伝染していた。空中に浮かび、信じられない速度で移動する吸血鬼たちは、社会の中に紛れ込み、不可解な殺人事件を起して世界をパニックに陥れようとしていた。炎の『LeLeLa』を駆使する津山に対し、細胞を崩す力を得た北島は鬼と化す。身長203センチのヤクザ、鳴海と協力して吸血鬼の一掃を目指すが……。凄まじい拳と想いが炸裂する伝奇アクション登場!

▼ご購入(ダウンロード)は以下のサイトから!
立ち読み

LeLeLa


「またかよ……」
 北島洋平は、痰のように言葉を吐き出した。
 頭の中が痺れる。
 きん。
 耳鳴りがした。
 まぶたの裏が、熱い。
 眼球を動かしてみる。
 まぶたを透かして、何かが見えるような気がした。
 ゆっくり深呼吸をして、眼をあけてみる。
 暗闇があるだけだった。
 しかし、密度の濃い、液体のような闇だ。
 伸ばせば、手の先からずぶりと潜っていきそうだ。
 その闇の中から、何かまがまがしいものがじっと息をひそめて、洋平の様子を伺っているような気がする。
 洋平は、コールマンの寝袋の内側のジッパーを一気に引き下げて、長い両腕を頭の後ろで組んだ。
 暗闇の中に、鬼火のように何かが一瞬光って消えた。
 安物のG−shockのライトをつけると、暗闇に慣れはじめた眼が、微かな緑色の光の中に浮かび上がった、アウトドア用の鍋を見つけた。
 さっきの光は、カーテンの隙間から飛び込んできた、車のライトがあの鍋に反射したものだろう。
 洋平は、しだいに覚醒していく頭の中でそう納得すると、G−shockを見た。
 午前4時25分。
 寝袋の中で大きな息を吐いた。
「まったく、かんべんしてくれよ」
 洋平は、夜中の3時30分に仕事から帰ってきた。
 深夜まであいている、喫茶の店長をしているのだ。
 なかなか寝つけない日が続いている。
 熱帯夜のせいだけじゃない。
 ストレスだ。
 ようやく寝れたと思ったら、下階の女の声で眼が覚める。
 もう一週間ほどになる。
 洋平は201号室、彼女の部屋が101号。
 真下だ。
「くそっ」
 トレーニング用のテニスボールを右手で握りしめる。
「うらぎられたたたたた……」
 木霊のように洋平の心に響いてくる、女の声は悲しくて切なくて、心の中をナイフで刺され、抉られる思いがする。
 激しく叫び、ほんの少しの静寂があって、また叫ぶ。
 声と声の間には、すすり泣きもなにもない。
 それがかえって不気味だった。
 声……。
 鉄筋のアパートなのに。
 洋平は、ふと首を傾げた。
「もてあそばれたたたたた……」
「ずっと、ずっといっしょにいてくれるって言っていたのににににに……」
「どくしんっていっていたのににににに……」
「ころしてやりたいいいいい……」
「でも、わたしにはそんなゆうきはないよおおおお……」
「だから、しんでやるるるるる……」
 ぶっそうな事を叫ぶ女だなあ、と思った。
 上のおれにも聞こえるくらいの大きな声で叫んでいるのだから、他の住人、特に隣の奴はたいへんだ。壁でもけってやればいいのに。
「つやまあ、あきおおお……」
「あきおおおおお……」
 やれやれ、ついに相手の名前まで叫びはじめやがった。これで、もし彼女が本当に『つやまあきお』を殺したら、アパートの住人、全員が証人だ。
 つまりは、その『つやまあきお』に口説かれていい仲になったところが、相手には嫁さんがいたってわけか。
 そりゃあ、頭にくるだろうよ。
 ティシュを丸めて、耳栓にしてみた。
 それでも、声は飛び込んできた。
 しだいに大きく。
 強く。
「あきおおおおおお」
 きん。
 と、耳が鳴った。
 頭が痺れる。
 ふいに男の顔が頭に浮かんだ。
 津山昭夫!
 それは一瞬のことだったが、その男の顔や姿までもが洋平の腹の中にしこりとして残ってしまった。
 腹の中で実体化した男が、内臓を食い破りながら、洋平の口を両手で押し広げて這い出してきそうな、おぞましいビジョン。
 男の右の眉の上には、3センチほどの傷跡があった。
 洋平は、思わず口をおさえた。
 これは……。
 いったいなんなんだ。
 洋平は寝袋の中に身体を沈み込ませ、黒い海のような天井をじっと見つめた。
 きん。
 耳が鳴った。
 すると、目の前に広がる海が空にかわった。
 果てしない宇宙だ。
 すうっと、吸い込まれてしまうような気がして、あわてて目を閉じた。
「彼女は……?」
 洋平は、目を閉じたまま、ぎりりっと奥歯を噛んだ。
 次の瞬間、テニスボールが洋平の右のてのひらの中で弾けていた。



 今にも泣きだしそうな、空の色だ。
 昼過ぎ、グレーのトレーニングウェアーとブルーのハンテンのTシャツというラフな姿で部屋を出た洋平は、軽快なステップでアパートの階段を降りた。
 出て、左に少し歩くと商店街がある。
 商店街を歩きはじめた洋平は、いきなり踵をかえした。
 真後ろを、乳母車を押して歩いていた若い女があわてて、洋平をよける。
「気をつけてよ!」
 洋平の背中を睨みながら、女は大きな声でそう言った。
 しかし、洋平の耳にはその声が届いていない。
 洋平は、アパートに戻っていた。
 101号室の前に立つ。
 スチール製のドアの横に、小さなネームプレートがある。
『今村恵』
 白いプラスチックのプレートに、細いマジックでそう書かれていた。
 彼女の名前だ。
「いまむらめぐみ」
 洋平は、つぶやいた。
 つぶやいてみただけだ。
 ドアを叩く勇気はない。
 目を伏せて、その場を離れた。
(続きは電子書籍で!)
登録日:2013年02月22日 19時13分
タグ : アクション 伝奇

Facebook Comments

宇佐美ダイの記事 - 新着情報

  • Christmas Wave 宇佐美ダイ (2010年06月09日 13時51分)
    前田隆史は、キャラバンを冬の海の海岸に乗り入れた。幼なじみの裕美が声をあげる。フリーカメラマンの前田が撮った女の子は、必ずオーディションに受かるという。写真を撮り終えて車に戻った裕美は、思わぬ告白をする。(小説現代
  • 加速するリビドー 宇佐美ダイ (2010年06月09日 13時44分)
    射精した瞬間、オカズにしていた沙織本人がベットに落ちてきた。彼女に覆い被さったところで何故かAV女優森高あすかを思い出し、またも放ってしまう。すると今度は森高あすかがベットの上に落ちてきたのである。超能力を手に入れた主人公は、その能力を自由自在に扱えるようになるために鍛錬し……。(小説ファンタジー
  • いにしえ 宇佐美ダイ (2010年06月07日 22時15分)
    「代わりに見てきて!」と頼まれ出かけた先は、出雲大社の大社境内遺跡だった。カップルやラジオの生番組をかわしながらずんずんすすむおじさんが出会った携帯電話を握りしめる女の子。淡々とした優しさが感じられる宇佐美エッセー。(エッセイ紀行文・旅行

小説/ホラーの記事 - 新着情報

小説/ホラーの電子書籍 - 新着情報

  • 父と子と 眠太郎懺悔録(その七) 青島龍鳴 (2017年07月27日 17時01分)
    退魔師を統べる帝家と邪鬼を束ねる西の業界。共生関係を結ぶ動きに反発した幹部の裏切りで業界の新たな頭領となった黒鵡は明らかに敵対的となり、“柱神”と呼ばれる神クラスの邪鬼との正面衝突は避けられない情勢となった。そんな中、襲撃情報がリークされ、眠太郎は狸の硯治郎と転生した御嶽巴が待つ木霊寺に赴く。やがて襲い来たのは、かつての業界の女王の息子であり、その女王を殺害した張本人、狐の孔重丸と、巴を戦死させた蛇神貫禍、そして黒鵡の妻である畜兵琴理とその息子、鬼道介であった。御印破壊を狙う彼らと絶望的な戦いに挑む眠太郎たち。黒鵡と鬼道介、帝家当主である梅岩とその父、友源。父と子の哀しき想いが錯綜する。 (小説ホラー
  • 大理石の壁 眠太郎懺悔録(その六) 青島龍鳴 (2016年03月18日 19時10分)
    各話完結。邪神レベルの邪鬼をも統べる西の業界(カンパニー)。千年を生きた妖狐・青麗を倒し、新たな頭領となった畜兵・黒鵡は、鬼族の罠をやすやす突破し、妹ノエルを助けるが、どこか様子がおかしい。そして、東の帝家を訪れたひとりの少女。帝家の長、梅岩はノエルをかくまうが、そもそもそれほど強くない畜兵が柱神を務めることに疑問を抱く。ノエルを奪還しにきた邪鬼を迎え撃つ眠太郎たちだったが、あまりの実力差に勝てる気がしないと絶望に駆られる。なにせカンパニーには同程度の邪鬼が十ほどいるのだ……。信じていたもの——純白の大理石の壁に見つけてしまった汚れにどう決着を付けるのか、人間と邪鬼のやるせない物語。(小説ホラー
  • 南の島の小さな英雄 眠太郎懺悔録外伝(その一) 青島龍鳴 (2015年07月14日 17時07分)
    島をリゾート地に改造しようと目論む三上だったが、何者かに工事を邪魔されいらだっていた。島の守り神キムジナーが現れたのだと噂する島民たち。裏組織カンパニーから送り込まれた人外の眷属である“百眼”のモモエは赤髪の怪物と対峙するが、分の悪い闘いを放棄してしまう。一方、帝家に仕えた尚平は役を外され島に帰ってきていた。プライドだけは一人前のくせに、何一つ人並みにこなせず、いじけていた尚平。赤髪の怪物との関連を疑われるが、やる気のないモモエに変わり凶悪な吸血鬼が送り込まれてくる。真実を知り、すべてを拒絶していた青年は変わる。モモエが嫉妬するほどに。後に帝家の英雄になる青年の端緒を描く眠太郎懺悔録外伝。(小説ホラー

あなたへのオススメ

  • 父と子と 眠太郎懺悔録(その七) 青島龍鳴 (2017年07月27日 17時01分)
    退魔師を統べる帝家と邪鬼を束ねる西の業界。共生関係を結ぶ動きに反発した幹部の裏切りで業界の新たな頭領となった黒鵡は明らかに敵対的となり、“柱神”と呼ばれる神クラスの邪鬼との正面衝突は避けられない情勢となった。そんな中、襲撃情報がリークされ、眠太郎は狸の硯治郎と転生した御嶽巴が待つ木霊寺に赴く。やがて襲い来たのは、かつての業界の女王の息子であり、その女王を殺害した張本人、狐の孔重丸と、巴を戦死させた蛇神貫禍、そして黒鵡の妻である畜兵琴理とその息子、鬼道介であった。御印破壊を狙う彼らと絶望的な戦いに挑む眠太郎たち。黒鵡と鬼道介、帝家当主である梅岩とその父、友源。父と子の哀しき想いが錯綜する。 (小説ホラー
  • 眠太郎懺悔録 憑護の願った夢(3) 青島龍鳴 (2012年12月04日 20時03分)
    ミツトシが夜の闇に消えてから、有紀と真白は飲んでいた。真白が眠りに落ちた後、ミツトシの仕事の現場を目のあたりにした有紀は着の身着のまま逃げ出す。有紀の故郷で真白が聞いた哀しい憑護の宿命とは? 憑護の願った夢、最終章。(小説ホラー
  • 眠太郎懺悔録 憑護の願った夢(2) 青島龍鳴 (2012年11月27日 15時31分)
    『ましら』一門の人喰いを狩る。不穏な空気漂う一門の前で、能天気な有紀の質問に救われ、御老公の応えを得たミトツシ。彼は、さっそく一仕事するために夜の闇に消えていった。(小説ホラー