騒人 TOP > 小説

小説

記事/小説 - 新着情報
電子書籍/小説 - 新着情報

ピックアップ - pickup

  • 硝子の櫛 水瓶ジュン (2010年06月15日 16時59分)
    病室で花札に興じる根田とマサ江の賑やかなコンビ、それに助監督の仕事中に怪我をして幾度目かの入院をしている彰。おかしな十三号室に四人目の入院患者がやってきた。車椅子に乗って現れた少女と彰、出逢いのストーリー。(小説現代
  • 風が哭く(3) 天野雅 (2012年12月07日 21時39分)
    自殺に思われた早川の死の謎。ノートに記された加西の父親は安置室で娘と対面した。そしてまたハヤカワにまつわる不可解な死が続くのだった。(小説現代
  • 艶文 南川純平 (2017年03月04日 13時03分)
    天正二十年四月、朝鮮出兵の指揮を執るため名護屋城に入った秀吉であったが、悲報が相次ぐ。一方、兵糧を積んだ船が転覆し、積み荷の一部が漁師たちによって回収された。その中にあった文には、狂おしい情念の言葉が綴られていた。それを読んだ秀吉は……。(小説歴史・時代