騒人 TOP > 小説

小説

記事/小説 - 新着情報
電子書籍/小説 - 新着情報

ピックアップ - pickup

  • 諭吉の自慢 南川純平 (2012年05月22日 16時06分)
    安政六年、桑港より日本に帰る途上の咸臨丸の甲板に、福沢諭吉らが涼を求めて上がってきた。懐から取り出した写真には、年のころ十五、六歳の色白の娘と写る諭吉の姿が。その娘、ドーラとその母親エリザベスを思い出す諭吉。どのような出来事があったのだろう。(小説歴史・時代
  • 夏色スケッチ(2) 天野雅 (2010年09月14日 20時26分)
    一緒に職員室に呼ばれた知夏を保健室に呼びに行く友。理由は進路希望だった。自分の将来について考えられないふたり。絵に没頭する友に知夏は……。何気ない学園生活のひとこま。(小説現代
  • 葬送のフーガ(16) 北見遼 (2015年12月20日 18時27分)
    白葬されたエリサに埋めるべき骨は欠片も残っていないが、墓石だけはあった。そこには予想通りハルの姿があった。そう思いたい不幸を直視できるか?(小説SF