騒人 TOP > 小説 > 現代 > ハザードランプはつけたままで(9)
寺尾豊
著者:寺尾豊(てらおゆたか)
1958年東京生まれ。千葉大学工学部画像工学科卒。子供の時からの夢は作家だったが、文学部に進学することを父親に反対され理系の道へ。卒業後、結局エンジニアにはならず、文章を書く仕事につくため日経マグロウヒル社(現・日経BP社)に入社。日経パソコン、日経デザインなどの雑誌で記者や副編集長を務める。映像部に異動後も、日経ビジネスアソシエでエッセーを連載していた。2009年末に退社してからはフリーの映像制作者。
小説/現代

ハザードランプはつけたままで(9)

[連載 | 完結済 | 全33話] 目次へ
ストーカー男に脅される内村。リコに執心する男だが、内村もまた、リコに会いたくて仕方がないことに気付く。そうして内村がとった行動は……。
「お前は……」
 後ずさりをしながら内村は相手に話しかけた。刺されるかもしれない恐怖で声が震えてしまう。
「私のことを覚えていましたか? さすが、カメラマンさんだ。ドライバーのアルバイトなんてしなくても食べられそうなのにね……。あの後、彼女の家で待っていたけれど帰ってこなかった。きっと、あんたのマンションでかくまわれていると思って探しましたよ……」
「どうやって、俺の住まいが分かった?」
 内村は少しずつ落ち着きを取り戻す。すぐには刺されないだろうと判断した。堂々としていれば引き下がるかもしれない。
「簡単だよ。いずみを乗せて逃げた車のナンバーを覚えていたから。あとはネットで知りあった何でも屋さんにね、持ち主を割り出してもらった。結構、高くついたなあ……」
「ふっ……、だが残念ながら、いずみはおれのところにはいないぞ」
「そいつはおかしい。マンションにも実家にも友達の家にも彼女はいなかった。あとはあんたのところだけだよ。嘘をつかないほうがいい。俺は彼女に会えず、すごくイライラしているんだ……」
 再び緊張が高まる。エントランスは薄暗く、ストーカー男は通りを背にしているので、表通りの通行人からは何が起こっているかは見えないだろう。声を出して気づいてもらうことも考えたが、下手に興奮させるのはまずい。
「よく聞いてくれ。かぐや姫の館のオーナーは殺されて、あの日、彼女はおれのマンションから参考人として警察に連れて行かれたままなんだ。ずっと帰って来ない。嘘じゃない……」
 男はこちらを睨みつけると、大きく深呼吸をした。
「警察だって?」
「ああ、彼女の携帯に電話しても電源は切れたままだ」
「それは知っているよ。てっきり、お前にそそのかされて番号を変えたのかと思っていた……。どうやら、ここにいないのは本当らしいな。困った……。いずみに会えないと、おれはおかしくなる……」
 男はその場でうずくまった。走って逃げたほうがいいかと迷っていると、表通りから突然数人の男が登場した。内村は何が起きたか分からなかった。あっという間に3人がストーカー男を取り押さえ、スーツ姿の男が正面に立ちはだかる。見たことがある。そうだ。捜査一課の安田刑事だ。
「警察だ。渡辺啓次郎だな。有川弘俊殺人の疑いで逮捕する」
 ガチャリと音をさせて手錠がかけられる。刑事2人はストーカー男を無理矢理立たせた。
「ちっ、悪いのはオーナーだよ。こっちは客だぜ。それを馬鹿にしやがって……」
 悪態をつきながらも、素直に連れて行かれる。ぽかんとした顔をして立ちすくむ内村に、安田が話しかける。
「危ないところでしたね。こちらの到着が遅かったら、あなたも、かぐや姫の館のオーナーと同じ運命をたどっていたかもしれない……」
「彼が犯人なのですか?」
「ええ、間違いありません。六本木の殺人現場から走り去る渡辺の姿が監視カメラに記録されていました。我々はずっと探していたのですが、つい先ほど、麻布十番近くの監視カメラに彼が写っているとの連絡を受けて、もしかすると内村さんのところへ向かっているのではと思いましてね……」
「そうだったんですか……。ありがとうございます」
 内村は自分が殺されていたかもしれないと改めて認識して背筋が寒くなる。すぐに犯人の目星がついてたとするなら、リコはどうなったのだ。
「あのう……伊藤理子は……?」
「ああ、いずみという源氏名の女の子ね。確か、あの日の明け方には解放しましたよ。同じ店のあかねという子が、オーナーといずみとの間にトラブルがあると言っていたので、こちらも疑いを持ったのですが、すぐにあかねの話がでたらめだって分かり……」
 内村は安田の話をさえぎるようにして詰め寄った。
「おかしい。あれからリコは帰って来ないんですよ。てっきり、警察に留置されているのかと……」
「はあ……、その後のことは知りませんね……。疑いはすぐに晴れたわけですから」
「そうですか……」
 どうやらリコは自らの意志で姿を見せていないと分かり内村は愕然とした。この1週間、彼女を心配し続けた自分は何だったのか。マンションに戻ってきたら、機材を売った金で、おいしいものをリコにご馳走してやろうと考えていた。戻ってこないときは、罪を犯したことになるわけだから、彼女と会うのはあきらめようと思っていた。ところが、事実はどちらの予想とも違っていた。
 同時に内村の中に、彼女を強く思う気持ちが芽生えた。無視されたことが感情に大きな起伏をもたらせたのである。スケジュールさえ空いていれば、電話1本で呼び出せるデリヘル嬢として見下していたはずが、会いたくても会えないアイドルへと昇華してしまった。
「どうすれば会えるんだ……」
 独り言をつぶやきながら、コンビニに向かう。ATMで口座残高をチェックすると2000円と少ししかなかった。手持ちのクレジットカードのキャッシング枠は限度に近い。それどころか、来月頭には10万円近い引き落としがある。急いで機材を売りに行くしかない。だが、頭の中はリコでいっぱいになっている。
 あのストーカー男がもらした「いずみに会えないと、おれはおかしくなる……」が自分にも当てはまるようになるとは思ってもいなかった。何とか彼女を探す方法はないだろうか。
 そうだ。ネットだ。デリヘルのサイトを片っ端からあたって、彼女に似たプロフィール写真を探せばいい。多少の画像処理がしてあっても、カメラマンとしての経験を生かせば見つけられる自信がある。プロショップへ出かけるのを明日に延ばして、自宅に戻ってパソコンで検索することにした。深いぬかるみに足をつっこんだことに内村は気づいていなかった。
(つづく)
(初出:2014年01月27日)
前へ1 ...... 6 7 8 9 10 11 12
登録日:2014年01月27日 16時24分

Facebook Comments

寺尾豊の記事 - 新着情報

  • ドーブブルーに街は暮れて(6) 寺尾豊 (2020年01月07日 00時00分)
    陽介と二人となり、ほろ酔いでバーを出た恵利は、自分の想像に顔を赤らめるのだった。一方、実家に向かったはずの直樹はというと。(小説現代
  • ドーブブルーに街は暮れて(5) 寺尾豊 (2020年01月03日 00時00分)
    呼び出した大と一緒にいたのはワーゲンバスに乗っていた陽介だった。驚く二人だったが、恵利に好意を抱いていた大は事情を知ることとなり……。(小説現代
  • ドーブブルーに街は暮れて(4) 寺尾豊 (2020年01月02日 12時00分)
    横浜駅で直樹と分かれたのは午後5時を回ったところだった。今晩どうするか考えて、恵利は連絡先から米澤大の名前を探した。それが思わぬ出会いに繋がる。(小説現代

小説/現代の記事 - 新着情報

  • ドーブブルーに街は暮れて(6) 寺尾豊 (2020年01月07日 00時00分)
    陽介と二人となり、ほろ酔いでバーを出た恵利は、自分の想像に顔を赤らめるのだった。一方、実家に向かったはずの直樹はというと。(小説現代
  • ドーブブルーに街は暮れて(5) 寺尾豊 (2020年01月03日 00時00分)
    呼び出した大と一緒にいたのはワーゲンバスに乗っていた陽介だった。驚く二人だったが、恵利に好意を抱いていた大は事情を知ることとなり……。(小説現代
  • ドーブブルーに街は暮れて(4) 寺尾豊 (2020年01月02日 12時00分)
    横浜駅で直樹と分かれたのは午後5時を回ったところだった。今晩どうするか考えて、恵利は連絡先から米澤大の名前を探した。それが思わぬ出会いに繋がる。(小説現代

小説/現代の電子書籍 - 新着情報

  • オンラインマガジン『騒人』総集編  (2015年08月20日 17時44分)
    オンラインマガジン騒人に掲載の編集者オススメ作品と書き下ろし作品をまとめて発刊した投稿Web小説『Sohzine.jp』Vol.1から10までを一冊にしました。一巻ずつ購入するよりお得。単体で電子書籍化した「作家の日常」は小説家、阿川大樹氏の日常を公開。また、宇佐美ダイ氏の「LeLeLa」は、不思議な力を手に入れ吸血鬼となった男の対決を描く伝奇小説。眠太郎懺悔録シリーズの青島龍鳴氏「ファーストキスは鉄の味」、城本朔夜氏の電子書籍「イペタムの刀鞘」外伝など、充実した内容でお送りします。コメディや児童小説の他、時代小説、ファンタジー、笑える・泣けるエッセイまで、70作品を一気に楽しめます。(小説現代
  • 投稿WEB小説『Sohzine.jp』Vol.9  (2015年08月20日 17時29分)
    騒人編集部お勧め作品を掲載! 青島龍鳴氏『ファーストキスは鉄の味(前編)』は、退治屋不足のため狐の女王と取引をする帝家。眠太郎懺悔録シリーズ。樹都氏『ヤミネコ』。猫にまつわるあらぬ話。阿川大樹氏『作家の日常』では、お金にまつわる話しを赤裸々に告白。宇佐美ダイ氏『LeLeLa』。美智子は朋子に“気”を扱うための栓を抜かれるが……。綺羅星沙々羅氏『太陽は君に輝く』はククルの森に入った一行の前に難敵が出現。南川純平氏『ポトゲラヒ』。下田にやってきた久之助は写真術を学ぶ機会を得る。いちばゆみ氏『ゆうきゃんの人生迷走案内』。電車で見たポスターに思い出したのはカオルくんのことだった。あのとき、何が出来たろうか? (小説現代
  • 投稿WEB小説『Sohzine.jp』Vol.8  (2015年08月20日 17時24分)
    騒人編集部お勧め作品を掲載! 浅川こうすけ氏『恋人ボックス』。モニターに映し出された恋人、デアルを独り占めしたい村木は作戦を練る。天野雅氏『永遠の海』。中学三年の千彩子。案内された崖の上。彼女の計画とは? 阿川大樹氏『作家の日常』は編集者との出会いについて。宇佐美ダイ氏『LeLeLa』は逃げ出した美智子の前に“新人類”を称する吸血鬼が現れる。綺羅星沙々羅氏『太陽は君に輝く』では、貴族と一般人の混合チームで試験に挑むことに。新連載、南川純平氏『ポトゲラヒ』は日本における写真の開祖、下岡蓮杖の青春を描く。おおみち礼治氏『宣う躰 キンタマチェック』は当時十六歳だった著者の入院録。今号も面白いに決まってる! (小説現代

あなたへのオススメ