騒人 TOP > 小説 > 現代 > ショートラブストーリー
井上真花
著者:井上真花(いのうえみか)
有限会社マイカ代表取締役。日本冒険作家クラブ会員。長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都文京区に在住。1995年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「オフィスマイカ」を設立。
小説/現代
【電子書籍】ショートラブストーリー
誰でも一度は味わったことのある「ちょっとした恋心」を、とても短いお話にまとめてみました。全18話、きっとあっという間に読めてしまいます。通学や通勤のお供としてお楽しみ下さい。
価格:210円

▼ご購入(ダウンロード)は以下のサイトから!
立ち読み

ショートラブストーリー


もうちょっとだけ

「あいつと付き合うことにしたん?」
 校門の前でばったり会った永沢くんは、長い長い沈黙の後、独り言のように言った。
「ん? なに?」
 私は、永沢くんの突然の台詞に慌てながら返事をした。
「なんかゆうてたやん。ゆかりに、昨日話しとったやん。バスケット部のなんたらと付き合うとかなんとか」
「ああ、佐藤くんね」
「そんな名前やったっけか。そんで、どないしたん」
「あ、うん。つきあってっていわれたから」
「つきあうんか」
「ん〜。どうしようかな…」
 ちらっと永沢くんの顔を見た。ぶすっとしてる。ちょっと笑っちゃう。
「なんや、迷ってるんか。ま、ええんちゃう」
 永沢君は、そっぽをむいたままで言った。
「けど、そいつもたいがい物好きやな。なにも安田なんか選ばんかて」
 けけっと笑って、ひらりと自転車に飛び乗った。
「大原とか、山下とか、バスケ部にはかわいい子、ぎょーさんおるのにな。ま、ふられんようにな。おまえなんか、もう二度とモテへんやろうし」
 手をひらひらっと振ってみせた後、永沢くんは校門の前の長い坂を一気に駆け降りていった。黄色いシャツの背中が、どんどん小さくなっていく。地平線に沈みかけた夕陽がまぶしくて、目を細めないとよく見えない。私は目の上に手をかざし、どこまでもどこまでも永沢くんの背中を追いかけた。

「…アホやな。私のこと、好きなくせに」
 見えなくなりそうな永沢くんの背中に向かって、私は大声で怒鳴った。
「正直にならんと、あかんよ。私かて、もうずっと、ずうっと待ってたんやからね。もう待ったらへんのやからね。あんたなんか、もう二度と誰にもモテへんよ」
 豆つぶくらいに小さくなった永沢くんは、振り返りながら大声で怒鳴り返した。
「アホはそっちやん。そーや、どうせおれはモテへん。だからな、どうせやったら、もうちょっと待ったれや」

(続きは電子書籍で!)
登録日:2010年08月17日 19時56分
タグ : 恋愛

Facebook Comments

井上真花の記事 - 新着情報

  • 幸せになるために覚えておきたいこと (1) 井上真花 (2018年01月30日 13時06分)
    「遅刻しそう」と思うだけで冷や汗が出て手が震え始める。これはどこから来るのだろう? つい家を早く出てしまうが、その30分をタスクに割り振った方が幸せに決まっている。「哲学カフェ」を運営するオフィスマイカ社長、井上氏が二分する自分を探求する。哲学エッセイ第一弾!(エッセイエッセイ
  • 二人暮らし(2) 井上真花 (2010年05月30日 16時16分)
    洗濯機コーナーには、上靴が真っ黒なまま数週間放置され、お風呂の排水溝には抜けた髪の毛がつまり、食卓の上には……自宅で仕事をすることになったのをキッカケに一念発起。一日かけて部屋を大掃除したのはよいのだけれども、次の日、息子さんの顔には無数のジンマシンが……。木魂の棲む部屋の惨状とは。(エッセイエッセイ
  • 二人暮らし(1) 井上真花 (2010年05月30日 16時14分)
    息子さんを名古屋まで迎えに行く。別れのとき。「さびしくないかって?」大いに語る息子さん。思いがけぬ男の顔と子どもの無邪気さの同居。東京で二人暮らしのはじまり。(エッセイエッセイ

小説/現代の記事 - 新着情報

  • 園生に咲く花(7) 北見遼 (2016年08月13日 12時42分)
    事件が一段落つき、夜も明けようというころで気が付いた。「今日は受験日だった!」 焦る小紅をよそに姉の小百合は涼しい顔で飛ばしていた高速を降りる。そんなときが来た小紅の晴れやかな笑顔がまぶしい。園生に咲く花、最終章!(小説現代
  • 園生に咲く花(6) 北見遼 (2016年05月31日 14時28分)
    「見つけたわ!」深夜の高速道路を爆走するピンク色のワゴン車。誘拐犯の車を見つけた一行はカーチェイスの末、ついに犯人を追い詰める。重苦しい現場で露わになるそれぞれの想い。(小説現代
  • 園生に咲く花(5) 北見遼 (2016年05月12日 14時06分)
    誘拐犯と思わしき晴美――姉の旦那がかつてつき合っていた女性のアパートに雪崩れ込むがすでに空っぽだった。取り乱す姉に愕然とする小紅だったが、事態はそれどころではない。(小説現代

小説/現代の電子書籍 - 新着情報

  • オンラインマガジン『騒人』総集編  (2015年08月20日 17時44分)
    オンラインマガジン騒人に掲載の編集者オススメ作品と書き下ろし作品をまとめて発刊した投稿Web小説『Sohzine.jp』Vol.1から10までを一冊にしました。一巻ずつ購入するよりお得。単体で電子書籍化した「作家の日常」は小説家、阿川大樹氏の日常を公開。また、宇佐美ダイ氏の「LeLeLa」は、不思議な力を手に入れ吸血鬼となった男の対決を描く伝奇小説。眠太郎懺悔録シリーズの青島龍鳴氏「ファーストキスは鉄の味」、城本朔夜氏の電子書籍「イペタムの刀鞘」外伝など、充実した内容でお送りします。コメディや児童小説の他、時代小説、ファンタジー、笑える・泣けるエッセイまで、70作品を一気に楽しめます。(小説現代
  • 投稿WEB小説『Sohzine.jp』Vol.9  (2015年08月20日 17時29分)
    騒人編集部お勧め作品を掲載! 青島龍鳴氏『ファーストキスは鉄の味(前編)』は、退治屋不足のため狐の女王と取引をする帝家。眠太郎懺悔録シリーズ。樹都氏『ヤミネコ』。猫にまつわるあらぬ話。阿川大樹氏『作家の日常』では、お金にまつわる話しを赤裸々に告白。宇佐美ダイ氏『LeLeLa』。美智子は朋子に“気”を扱うための栓を抜かれるが……。綺羅星沙々羅氏『太陽は君に輝く』はククルの森に入った一行の前に難敵が出現。南川純平氏『ポトゲラヒ』。下田にやってきた久之助は写真術を学ぶ機会を得る。いちばゆみ氏『ゆうきゃんの人生迷走案内』。電車で見たポスターに思い出したのはカオルくんのことだった。あのとき、何が出来たろうか? (小説現代
  • 投稿WEB小説『Sohzine.jp』Vol.8  (2015年08月20日 17時24分)
    騒人編集部お勧め作品を掲載! 浅川こうすけ氏『恋人ボックス』。モニターに映し出された恋人、デアルを独り占めしたい村木は作戦を練る。天野雅氏『永遠の海』。中学三年の千彩子。案内された崖の上。彼女の計画とは? 阿川大樹氏『作家の日常』は編集者との出会いについて。宇佐美ダイ氏『LeLeLa』は逃げ出した美智子の前に“新人類”を称する吸血鬼が現れる。綺羅星沙々羅氏『太陽は君に輝く』では、貴族と一般人の混合チームで試験に挑むことに。新連載、南川純平氏『ポトゲラヒ』は日本における写真の開祖、下岡蓮杖の青春を描く。おおみち礼治氏『宣う躰 キンタマチェック』は当時十六歳だった著者の入院録。今号も面白いに決まってる! (小説現代

あなたへのオススメ

  • 園生に咲く花(7) 北見遼 (2016年08月13日 12時42分)
    事件が一段落つき、夜も明けようというころで気が付いた。「今日は受験日だった!」 焦る小紅をよそに姉の小百合は涼しい顔で飛ばしていた高速を降りる。そんなときが来た小紅の晴れやかな笑顔がまぶしい。園生に咲く花、最終章!(小説現代
  • ハザードランプはつけたままで(17) 寺尾豊 (2014年02月24日 19時17分)
    どうしてすぐに内村のところに向かわなかったのか……後悔するリコ。電車の中で向けた殺意は奈津美に対するものであった。一方、奈津美はつきあっていた彼氏に別れ話を告げる。(小説現代
  • 夏色スケッチ(6) 天野雅 (2012年08月16日 20時33分)
    友の家庭の事情に知夏の恋と進路。お互いに云わなかった胸の内を吐露し、これからの進路が見えてきたふたり。まだ人生が決まっていない青春を鮮やかにつむぎだす。夏色スケッチ最終章。(小説現代