騒人 TOP > 小説 > 現代 > 投稿Web小説『Sohzine.jp』Vol.4
小説/現代
【電子書籍】投稿Web小説『Sohzine.jp』Vol.4
騒人編集部お勧め作品を掲載! 樹都氏「雪だるまの話」は、香苗の問いかけにシャリシャリとうなずく雪だるま。浅川こうすけ氏「ファスナーのむこうがわ」は、氏が得意とする不条理ホラー。阿川大樹氏「作家の日常」では、魔界の引力に抗う筆者の苦闘。宇佐美ダイ氏「LeLeLa」は、怪物と化した津山に対抗すべく対策を練る。井上真花氏「薬局日記」は、人間観察三選。北岡万季氏「びば! 同居」は、帰郷宣言をした夫と筆者の思い。

▼ご購入(ダウンロード)は以下のサイトから!
立ち読み

投稿Web小説『Sohzine.jp』Vol.4


目次

 はじめに

【読切小説】
 樹 都『雪だるまの話』
 浅川 こうすけ『ファスナーのむこうがわ』

【連載エッセイ】
 阿川 大樹『作家の日常 第四回』

【連載小説】
 宇佐美 ダイ『LeLeLa 第四話』

【読切エッセイ】
 井上 真花『薬局日記』
 北岡 万季『びば! 同居』

 原稿募集のお知らせ
 奥付


はじめに

 Sohzine.jpは、オンラインマガジン騒人そうじん(http://sohzine.jp)に掲載した編集オススメ作品と書き下ろし作品を掲載しています。

 騒人の前身となる「QuickSand」が産声を上げたのは、パソコン通信「Nifty Serve」(現、@nifty)の「本と雑誌のフォーラム」(FBOOK)でした。当時、FBOOKでは、作家の水城 雄氏による小説修業の「小説工房」が設けられており、どんどん上達したアマチュアライターのなかには、作家デビューした人も数多くいます。そんな中、「QuickSand」では、FBOOKに集うライターたちの作品を編集し、シェアテキスト(有料のテキスト)として発刊していました。

 インターネットに活動の場をうつし、騒人と改めたのが1999年。なんでもありの投稿サイトではなく、実力あるライターの作品をひとまとめにできたら……という想いの現れが騒人です。騒人にはプロの作家もおりますが、そういったネット作家選り抜きの作品群サイトとしてお楽しみいただき、ライターの皆さんには、次のステップに進んでもらえたらと思います。

 あなたのご参加をお待ちしております。


雪だるまの話/樹都

 外は熱帯夜だ。昼に一雨来て涼しかったのが、今はかえって蒸し暑さに繋がっている。

 香苗は冷蔵庫のドアを開けた。
 長浜香苗(女性 22歳 独身 OL)。この部屋の主である。
 風呂上がりで体にタオルを巻いているだけというなりではあったが一応髪だけはしっかりと乾かしていた。

 なお彼女の容姿が気になる方には、10人並みで気が強そうな顔だちで背は高めですよ、と申し上げておく。

 部屋というのは首都圏郊外の学生マンション(1LD+K・ユニットバス付き)だ。その一室にその冷蔵庫はあった。
 なお床はフローリングで、若い女性の部屋として恥ずかしくない程度には磨かれかつ片付いている。蛍光灯は白色光で照明は多めの部屋である。

 開けられた冷蔵庫は高さ1メートル50センチばかりと独身者用にしては少しばかり大きめの品で、外装は黒に近い濃紺の無表情な一品であった。
 なお1メートル50センチの内90センチばかりが冷蔵室で、残りが冷凍室である。いずれも内部にはロクに仕切りの無い簡単な作りになっていた。

 冷蔵庫を開けたのは、冷えたビールを飲むためである。

 彼女が風呂上がりにビールというパターンに突入するのはこれが生まれて始めてだった。ビール自体仕事帰りにわざわざ買ってきたものだ。

 この背景には日中に会社で係長補佐から「女のくせに」を再三連発された事による鬱憤があり、さらに遡れば1週間前、吉村隆弘(男性 23歳 独身 香苗の幼なじみ 現恋人――ただしこの時点の香苗のみは否定している)から「女の子なんだから」と言われて反発し、そのまま口論をこじれさせて音信不通となっていることも大きい。

 実は日頃は人一倍『かわいげ』を気にする彼女なのだが、この時ばかりは「どうせ」と「なによ」が交互に頭の中に渦巻いていたものと思われる。

 そういった様々な次第で、香苗は頬を上気させたまま、不機嫌と冷たいビールへの期待をない交ぜにして勢い良く、自宅の冷蔵庫の扉を開けた。


 雪だるまがいた。


「……なによこれ」

 雪だるまだ。ちょうど冷凍室にいっぱいいっぱいの大きさの。
 より正確に言えば、チルド室の上に乗っかって冷凍室の天井に頭を接している。
 2頭身少しマシといったところの雪だるまであるから、頭の大きさはちょうど人と大差無い。あの丸い頭を人と比べても無意味ではあるが。

「アンタなにしてんのよ」

 と彼女が問いかけてしまったのも無理は無い。
 いい加減な炭の目鼻に小枝の眉と口だが、これがなんともとぼけた『表情』になっている。
 水平にくっつけたつもりだが傾いていた、という程度に下がり眉で「いやあどうもおさわがせしまして……」とでも言いたげに頭をかいた。

 頭をかいた。

「うそ! 動けるの?」

 と言っても、枝を突き刺しただけの腕の先の赤い小さな手袋の指がへれっと上向きに曲がって揺れただけの事だが。
 まあ動いている事に変わりは無いし、頭をかいているように見えた。

「というか、アンタ、なに?」

 返事は無い。ただの雪だるまのようだ。

「ああ、まあ、雪だるまよね」

 香苗は本格的に冷蔵庫の前に座り込み、手のひらに頬を載せて雪だるまと向かい合った。
 これが中にいたのが現実的な生き物であれば大騒ぎしたであろうし、バケモノでもやはりそうだろうが……。

 雪だるま。
 微妙な線だ。

 鼻先を突き合わされた雪だるまはかすかにのけぞった。かもしれない。

「ビール、飲みたいんだけどな」

 今度ははっきりと左右に身じろぎした。
 冷蔵室の高さはぴったりだが奥行きには若干の余裕がある。雪だるまの後ろにビール缶が覗いていた。

「なによ」

 みじろぎ。目線はじっとぶつかっている。

「なんか文句ある?」

 みじろぎ。

「女が風呂上りにビール飲んじゃ悪い?」

 みじろぎが止まる。

「ごめん。ヤツアタリ」

 へれへれと頭をかく。

「ま、あんた見てると涼しいしね」

 冷蔵庫の冷気もある。そろそろファンが唸っているが。

「あんた、大丈夫?」

 首を傾げる。ごろりとそのまま頭が転げ落ちそうな安定感だ。
 『彼』が納まっているのは冷蔵室だ。冷凍室ではない。

「溶けちゃうんじゃないの?」

 ゆっくり首を横に振る。
 シャリシャリとシャーベットの擦れる音。雪玉には透明感があって、表面はでこぼこに滑らかだ。

「大丈夫なのね」

 しゃり。
 うなずく。やはりそのまま首が転げ落ちてきそうだ。首は無いが。

「で、なにしに来たのよ」

 返事は無い。いや、できないのだろうが。じっと目で訴えているようでもある。

 香苗は少し上を見上げて迷ってから、
「あの、さあ」
 と切り出した。

「あたし、アンタみたいなの昔作ったわ」

 雪だるま、謹聴。

「なんかすっごい雪が降ったんだよね」

 雪だるま、謹聴。

「そいでさあ、そのとき、さ。」

 雪だるま、緊張。

「タカヒロと遊んでたんだよね」

 しゃり。
 うなずく。

「あたしフードつきのジャンパーでさあ、頭に雪乗っけたら白いベールみたいとか言ってさあ……」

 雪だるま、身を乗り出す。
 倒れそうだ。

「結婚式。アンタ神父さんで」

 香苗が新婦さんで隆弘は新郎さん。

「でも違うよね?」

 軽く跳ねあがる調子で笑う。

「アンタあのときの雪だるまじゃないでしょ?」

 しゃり、しゃり。
 横に。

「だってさあ、あれってもう昔のことだよ。何年も経ってるよ」

 雪だるまは頷かない。

「昔のことよ。もう」

 雪だるまは頷かない。

「なによ」

 雪だるまは動かない。
 香苗が先に溜め息をついて、潰れるように前に屈んだ。

「『えいえんにちかいます』とか、言ったけど、さ」

 子供じみてすねた口調だ。甘えるような。

「道が違っちゃったのよ。あの頃は一緒に歩けるって思ってたけど、散歩じゃなくて一緒に冒険できるって思ってたけど、あたしは女であいつは男でさあ、そういうの、気にして面倒くさい大人になっちゃったのよ。あたしたち」

 ちらりと目線を上げると雪だるまはびくとも動じていなかった。

「そりゃ、あたしも色々考えてるよ? そろそろ頃合いかな、とか。1週間経ったらダメになるな、とか。でももういいよ。面倒くさい。きっかけ無いし」

 きっかけ無いしと彼女が言ったら。
 ばかんと思い切り音を立てて、香苗の頭の上を冷凍庫の扉が通り越した。
 ひやりと冷気が降りてきて、どさどさと雪が落ちてきた。

「きゃあ!」

 転がって飛びのく。背筋に雪が入って融けた。

「なによお! もう!」

 頭の雪を払いのけながら睨みつけるが、
「いない?」
 冷蔵庫にはビールだけ。

 背中にぬるい風が当たって降り返った。ドアが開いている。深夜のマンションの廊下がある。
 しゃくり、ざくりと軽い音が響く。氷を崩して削る音が遠ざかる。
 熱帯夜のぬるい風と、開け放しの冷蔵庫が作る冷気以上の熱気と。
 雪の融ける温度。

「ばかぁ!!」

 叫びながら廊下に飛び出す前にバスローブを引っ張り出して羽織る理性だけはキープ。
 行き先は決まっている。


 深夜、アスファルトの上を裸足で走ると路面にはまだ昼の熱気が篭もっていた。等間隔で小さな水たまりがあった。
 うだる暑さにすぐ体温が上がり身体が重くなるが香苗は無理やり走った。


 吉村隆弘(男性 23歳 独身)が自室(1LDK)の扉を開くと、交際中かつ絶交中の幼なじみがうずくまっていた。
 なぜかバスローブ姿で、長い髪の端が地面につくのも構わずに。

「おま……どうしたんだよ」
 泣いていると思った。彼女は黙って水たまりを指でなぞっている。
 涙だとすると非常識に多い、が。
「カナエ? おい……」
 言葉を止めると、隆弘も屈みこんだ。今はとにかく泣いている彼女を慰めようと思ったのだ。
 折角の「きっかけ」であることだし。

「だまされないわよ」

「あ?」

「目とか手とか落ちてないし」

「はあ?」

 きっぱりと香苗が立ち上がる。泣いていない。この熱帯夜になにをしたのか汗みずくではあったが。

「おい、なんだよ一体……」

 立ち上がりの遅れた彼氏の脇を抜けて香苗はずんずんと部屋に上がりこむ。

「おい、なんだよ一体……」

 勝手知ったるよその家の勝手知ったる冷蔵庫をばかっと開くと雪だるま。
 融けて本格的に情けない顔になっているがまだ辛うじて雪だるまだ。

「なんだ、それ?」

 雪だるまである。手袋の指先からぽたぽたとしずくが垂れている。

「ね、タカヒロ。」
 謎の侵入者を指差しながら香苗が振り返る。

「この子、なにしに来たんだと思う?」

 わだかまりの融けた、いたずらっぽい微笑みだった。
(続きは電子書籍で!)
登録日:2014年07月19日 14時48分

Facebook Comments

の電子書籍 - 新着情報

  • オンラインマガジン『騒人』総集編  (2015年08月20日 17時44分)
    オンラインマガジン騒人に掲載の編集者オススメ作品と書き下ろし作品をまとめて発刊した投稿Web小説『Sohzine.jp』Vol.1から10までを一冊にしました。一巻ずつ購入するよりお得。単体で電子書籍化した「作家の日常」は小説家、阿川大樹氏の日常を公開。また、宇佐美ダイ氏の「LeLeLa」は、不思議な力を手に入れ吸血鬼となった男の対決を描く伝奇小説。眠太郎懺悔録シリーズの青島龍鳴氏「ファーストキスは鉄の味」、城本朔夜氏の電子書籍「イペタムの刀鞘」外伝など、充実した内容でお送りします。コメディや児童小説の他、時代小説、ファンタジー、笑える・泣けるエッセイまで、70作品を一気に楽しめます。(小説現代
  • 投稿WEB小説『Sohzine.jp』Vol.9  (2015年08月20日 17時29分)
    騒人編集部お勧め作品を掲載! 青島龍鳴氏『ファーストキスは鉄の味(前編)』は、退治屋不足のため狐の女王と取引をする帝家。眠太郎懺悔録シリーズ。樹都氏『ヤミネコ』。猫にまつわるあらぬ話。阿川大樹氏『作家の日常』では、お金にまつわる話しを赤裸々に告白。宇佐美ダイ氏『LeLeLa』。美智子は朋子に“気”を扱うための栓を抜かれるが……。綺羅星沙々羅氏『太陽は君に輝く』はククルの森に入った一行の前に難敵が出現。南川純平氏『ポトゲラヒ』。下田にやってきた久之助は写真術を学ぶ機会を得る。いちばゆみ氏『ゆうきゃんの人生迷走案内』。電車で見たポスターに思い出したのはカオルくんのことだった。あのとき、何が出来たろうか? (小説現代
  • 投稿WEB小説『Sohzine.jp』Vol.8  (2015年08月20日 17時24分)
    騒人編集部お勧め作品を掲載! 浅川こうすけ氏『恋人ボックス』。モニターに映し出された恋人、デアルを独り占めしたい村木は作戦を練る。天野雅氏『永遠の海』。中学三年の千彩子。案内された崖の上。彼女の計画とは? 阿川大樹氏『作家の日常』は編集者との出会いについて。宇佐美ダイ氏『LeLeLa』は逃げ出した美智子の前に“新人類”を称する吸血鬼が現れる。綺羅星沙々羅氏『太陽は君に輝く』では、貴族と一般人の混合チームで試験に挑むことに。新連載、南川純平氏『ポトゲラヒ』は日本における写真の開祖、下岡蓮杖の青春を描く。おおみち礼治氏『宣う躰 キンタマチェック』は当時十六歳だった著者の入院録。今号も面白いに決まってる! (小説現代

小説/現代の記事 - 新着情報

  • 園生に咲く花(7) 北見遼 (2016年08月13日 12時42分)
    事件が一段落つき、夜も明けようというころで気が付いた。「今日は受験日だった!」 焦る小紅をよそに姉の小百合は涼しい顔で飛ばしていた高速を降りる。そんなときが来た小紅の晴れやかな笑顔がまぶしい。園生に咲く花、最終章!(小説現代
  • 園生に咲く花(6) 北見遼 (2016年05月31日 14時28分)
    「見つけたわ!」深夜の高速道路を爆走するピンク色のワゴン車。誘拐犯の車を見つけた一行はカーチェイスの末、ついに犯人を追い詰める。重苦しい現場で露わになるそれぞれの想い。(小説現代
  • 園生に咲く花(5) 北見遼 (2016年05月12日 14時06分)
    誘拐犯と思わしき晴美――姉の旦那がかつてつき合っていた女性のアパートに雪崩れ込むがすでに空っぽだった。取り乱す姉に愕然とする小紅だったが、事態はそれどころではない。(小説現代

小説/現代の電子書籍 - 新着情報

  • オンラインマガジン『騒人』総集編  (2015年08月20日 17時44分)
    オンラインマガジン騒人に掲載の編集者オススメ作品と書き下ろし作品をまとめて発刊した投稿Web小説『Sohzine.jp』Vol.1から10までを一冊にしました。一巻ずつ購入するよりお得。単体で電子書籍化した「作家の日常」は小説家、阿川大樹氏の日常を公開。また、宇佐美ダイ氏の「LeLeLa」は、不思議な力を手に入れ吸血鬼となった男の対決を描く伝奇小説。眠太郎懺悔録シリーズの青島龍鳴氏「ファーストキスは鉄の味」、城本朔夜氏の電子書籍「イペタムの刀鞘」外伝など、充実した内容でお送りします。コメディや児童小説の他、時代小説、ファンタジー、笑える・泣けるエッセイまで、70作品を一気に楽しめます。(小説現代
  • 投稿WEB小説『Sohzine.jp』Vol.9  (2015年08月20日 17時29分)
    騒人編集部お勧め作品を掲載! 青島龍鳴氏『ファーストキスは鉄の味(前編)』は、退治屋不足のため狐の女王と取引をする帝家。眠太郎懺悔録シリーズ。樹都氏『ヤミネコ』。猫にまつわるあらぬ話。阿川大樹氏『作家の日常』では、お金にまつわる話しを赤裸々に告白。宇佐美ダイ氏『LeLeLa』。美智子は朋子に“気”を扱うための栓を抜かれるが……。綺羅星沙々羅氏『太陽は君に輝く』はククルの森に入った一行の前に難敵が出現。南川純平氏『ポトゲラヒ』。下田にやってきた久之助は写真術を学ぶ機会を得る。いちばゆみ氏『ゆうきゃんの人生迷走案内』。電車で見たポスターに思い出したのはカオルくんのことだった。あのとき、何が出来たろうか? (小説現代
  • 投稿WEB小説『Sohzine.jp』Vol.8  (2015年08月20日 17時24分)
    騒人編集部お勧め作品を掲載! 浅川こうすけ氏『恋人ボックス』。モニターに映し出された恋人、デアルを独り占めしたい村木は作戦を練る。天野雅氏『永遠の海』。中学三年の千彩子。案内された崖の上。彼女の計画とは? 阿川大樹氏『作家の日常』は編集者との出会いについて。宇佐美ダイ氏『LeLeLa』は逃げ出した美智子の前に“新人類”を称する吸血鬼が現れる。綺羅星沙々羅氏『太陽は君に輝く』では、貴族と一般人の混合チームで試験に挑むことに。新連載、南川純平氏『ポトゲラヒ』は日本における写真の開祖、下岡蓮杖の青春を描く。おおみち礼治氏『宣う躰 キンタマチェック』は当時十六歳だった著者の入院録。今号も面白いに決まってる! (小説現代

あなたへのオススメ

  • オンラインマガジン『騒人』総集編  (2015年08月20日 17時44分)
    オンラインマガジン騒人に掲載の編集者オススメ作品と書き下ろし作品をまとめて発刊した投稿Web小説『Sohzine.jp』Vol.1から10までを一冊にしました。一巻ずつ購入するよりお得。単体で電子書籍化した「作家の日常」は小説家、阿川大樹氏の日常を公開。また、宇佐美ダイ氏の「LeLeLa」は、不思議な力を手に入れ吸血鬼となった男の対決を描く伝奇小説。眠太郎懺悔録シリーズの青島龍鳴氏「ファーストキスは鉄の味」、城本朔夜氏の電子書籍「イペタムの刀鞘」外伝など、充実した内容でお送りします。コメディや児童小説の他、時代小説、ファンタジー、笑える・泣けるエッセイまで、70作品を一気に楽しめます。(小説現代
  • 投稿WEB小説『Sohzine.jp』Vol.9  (2015年08月20日 17時29分)
    騒人編集部お勧め作品を掲載! 青島龍鳴氏『ファーストキスは鉄の味(前編)』は、退治屋不足のため狐の女王と取引をする帝家。眠太郎懺悔録シリーズ。樹都氏『ヤミネコ』。猫にまつわるあらぬ話。阿川大樹氏『作家の日常』では、お金にまつわる話しを赤裸々に告白。宇佐美ダイ氏『LeLeLa』。美智子は朋子に“気”を扱うための栓を抜かれるが……。綺羅星沙々羅氏『太陽は君に輝く』はククルの森に入った一行の前に難敵が出現。南川純平氏『ポトゲラヒ』。下田にやってきた久之助は写真術を学ぶ機会を得る。いちばゆみ氏『ゆうきゃんの人生迷走案内』。電車で見たポスターに思い出したのはカオルくんのことだった。あのとき、何が出来たろうか? (小説現代
  • 投稿WEB小説『Sohzine.jp』Vol.8  (2015年08月20日 17時24分)
    騒人編集部お勧め作品を掲載! 浅川こうすけ氏『恋人ボックス』。モニターに映し出された恋人、デアルを独り占めしたい村木は作戦を練る。天野雅氏『永遠の海』。中学三年の千彩子。案内された崖の上。彼女の計画とは? 阿川大樹氏『作家の日常』は編集者との出会いについて。宇佐美ダイ氏『LeLeLa』は逃げ出した美智子の前に“新人類”を称する吸血鬼が現れる。綺羅星沙々羅氏『太陽は君に輝く』では、貴族と一般人の混合チームで試験に挑むことに。新連載、南川純平氏『ポトゲラヒ』は日本における写真の開祖、下岡蓮杖の青春を描く。おおみち礼治氏『宣う躰 キンタマチェック』は当時十六歳だった著者の入院録。今号も面白いに決まってる! (小説現代