騒人 TOP > 著者一覧 > 青島龍鳴
著者紹介
青島龍鳴 (c)

青島龍鳴(あおしまりょうめい)

原点は『星の王子様』
小さな頃に読んだ童話が
幼子の運命を変えた。

司馬遼太郎の時代劇
夢野久作の怪奇物
貪り喰った学生時代。

「なにかを創る人になろう」
漠然とした想いを馳せて
学んだものは数知れず
絵を描き書を書き脚本を書き
辿り着いた結末は
原点と同じ本というのは
皮肉めいた運命の悪戯か
定められた必然か。

ホラー・恋愛・ファンタジー
お笑い・SF・時代劇
なんでもござれと言う割に
混ざったチャンプルしか書けぬ。

万能なのか一本槍か
書いてる自分もわからぬが
お気に召されば光栄至極。

どうぞ宜しくお願いします。

関連サイト

青島龍鳴の記事

【小説/ホラー】
  • 眠太郎懺悔録 憑護の願った夢(1) (2012年11月17日 14時29分)
    仕事帰り、携帯でノリよく話していると、有紀は異常な男とぶつかってしまう。待ち合わせをしていた彼氏――唇にピアスをした大男に助けを求めるが、彼氏は化け物に変じ、そしてまた変質者もありえない姿に変貌をとげる。違う世界へと足を踏み入れた有紀の見たものとは!?
  • 眠太郎懺悔録 憑護の願った夢(2) (2012年11月27日 15時31分)
    『ましら』一門の人喰いを狩る。不穏な空気漂う一門の前で、能天気な有紀の質問に救われ、御老公の応えを得たミトツシ。彼は、さっそく一仕事するために夜の闇に消えていった。
  • 眠太郎懺悔録 憑護の願った夢(3) (2012年12月04日 20時03分)
    ミツトシが夜の闇に消えてから、有紀と真白は飲んでいた。真白が眠りに落ちた後、ミツトシの仕事の現場を目のあたりにした有紀は着の身着のまま逃げ出す。有紀の故郷で真白が聞いた哀しい憑護の宿命とは? 憑護の願った夢、最終章。
  • ファーストキスは鉄の味(前編) 眠太郎懺悔録 (2013年03月12日 14時40分)
    退治屋が不足していた帝家では、狐の女王と取引をした。そして訪れたのは最上位の力を持つ二人だった。一方、邪鬼に寄生され命を長らえた眠太郎は咲来と共に高校に通う。そこで起きた事件と梅岩の独白。
  • オレが神と会った話をする 眠太郎懺悔録サイドストーリー (2013年12月28日 16時32分)
    無敵の19歳、上原が電車で出会った“神”とは? 眠太郎懺悔録の重要キャラとなる上原尚平のサイドストーリー。

青島龍鳴の電子書籍

【小説/ホラー】
  • 邪鳥が啼く森 眠太郎懺悔録(その一)
    鳥乃樹にある鎮守の森で神隠しが発生。相談を受けた梨絵は、内々に“処分”されてしまう可能性に気付く。“神殺し”のため、選りすぐりの退魔師――退治屋のミツトシに祓い屋の梨絵と狸の一族である木霊、魔除けアイテムを使う真由、そして呪いを一身に受ける人柱となる憑護の有紀たち5人は依頼者の元へと向かった。人に害なす邪鬼と退魔師との闘いを描く眠太郎懺悔録、ここに開幕!
【小説/ホラー】
  • 冠木町二丁目事件簿 眠太郎懺悔録(その二)
    行くところ歩くところ、あり得ない頻度で事件に遭遇し『アンラッキーヒーロー』と自嘲する刑事コンビ、日凪と宮部。その特異体質、あるいは運命により出会った秘匿組織『M』のミンタロウは人間ではなかった。そしてまた、切り刻まれた死体に一滴の血も残っていない不可解な殺人事件はブラッドスライミイマターの仕業であることが明らかとなる。一般常識から隔絶した世界に踏み込んだ刑事と『M』の事件簿、眠太郎懺悔録第二弾!
【小説/ホラー】
  • 北の国の黒い刺客 眠太郎懺悔録(その三)
    帝家の当主、梅岩の結婚式に出席した眠太郎たち。帰り道、微かな声が聞こえるが気にもとめない眠太郎。だが、それは最悪の災厄の序曲だった。次の日、葵を高校に連れて行くのが日課の眠太郎は、強力な遠隔の呪を受けて倒れてしまう。一方、葵は眠太郎を気にかけつつも、牧師に片思いするナオミに協力しようと教会に赴くが、そこに現れた牧師からは葵にしか感じられない悪臭を発していた。明らかに邪鬼に憑かれているか邪鬼そのものだったのだ。かつて北の国で起こした眠太郎の恐ろしい過ちが明らかとなる。己を許すことが出来ない彼は返ってきた刃にどう立ち向かうのだろうか? 闇に巣くう邪鬼を祓う退魔師の闘いを描いた眠太郎懺悔録第三弾!
【小説/ホラー】
  • 初冬の狂想曲 眠太郎懺悔録(その四)
    帝家を地震が襲った。いや、強烈な悪意と破壊に満ちた邪悪な気が屋敷を揺らしたのだ。東の帝家に対し、西のカンパニーから送られた、十二柱に抜擢されたと宣う三名の刺客――百々目鬼の土留、犬神の魔胤、鎌鼬の頭領の子・斬児。腕試しを求められ、百戦錬磨の眠太郎が名乗りを上げるが、予想を遙かに超える強敵に苦戦を強いられる。一方、帝家に嫁いだ円の妹である葵とナオミ、そして香苗は高校生活を満喫していた。ひとりになった香苗の前に眠太郎と闘い傷ついた斬児が現れ、何も知らない彼女は……。恐ろしいカンパニーの「実験」が明らかとなり、複雑な人間模様が描き出される。闇に巣くう邪鬼を祓う退魔師の闘いを描いた眠太郎懺悔録第四弾!
【小説/ホラー】
  • 眠太郎懺悔録 総集編
    眠太郎懺悔録シリーズ三作を一気に読める総集編。第一作「邪鳥が啼く森」は男の呪を解き邪鬼を倒すため選りすぐりの退魔師が招集される。因縁浅からぬ邪鬼と対峙した眠太郎は暗くて重いゾッとするような嗤い声を上げた! 第二作「冠木町二丁目事件簿」は極度に事故や事件に遭遇しやすい特異体質の刑事が秘匿組織『M』に出会い、一般常識からは隔絶された世界に踏み込む。老獪な吸血鬼による殺人事件を追う。第三作「北の国の黒い刺客」は、かつて北の国で犯した眠太郎の罪が明らかとなる。己を許すことが出来ない彼は返ってきた刃にどう立ち向かうのだろうか? 闇に巣くう邪鬼を祓う退魔師の闘いを描いた眠太郎懺悔録、初めての方にオススメ!
【小説/ホラー】
  • カンパニーカーニバル 眠太郎懺悔録(その五)
    眠太郎が属する退魔師集団・東の帝家に対し西の業界(カンパニー)では、国中の神々が集まる柱神祭が迫っていた。そのさなか、カンパニーを束ねる女王、青麗が何者かに襲われる事件が発生。女王は何とか難を免れるが、忠臣を殺され激怒する。一方、眠太郎は瘴気の刃を操る天才、斬児の元にリベンジに行こうとして帝梅岩に咎められ、カンパニーと共生関係を結ぼうと動く流れに向けて恩を売るため、百眼の末裔、百重灯と共に西に送られることに。そして、西の京。異形の神々が集う柱神祭では、カンパニーの謀略と帝家の百五十年にわたる大仕事が明らかとなり前代未聞の大騒動が起こる! 巻き込まれた眠太郎と斬児、百重。それぞれの決断やいかに。
【小説/ホラー】
  • 南の島の小さな英雄 眠太郎懺悔録外伝(その一)
    島をリゾート地に改造しようと目論む三上だったが、何者かに工事を邪魔されいらだっていた。島の守り神キムジナーが現れたのだと噂する島民たち。裏組織カンパニーから送り込まれた人外の眷属である“百眼”のモモエは赤髪の怪物と対峙するが、分の悪い闘いを放棄してしまう。一方、帝家に仕えた尚平は役を外され島に帰ってきていた。プライドだけは一人前のくせに、何一つ人並みにこなせず、いじけていた尚平。赤髪の怪物との関連を疑われるが、やる気のないモモエに変わり凶悪な吸血鬼が送り込まれてくる。真実を知り、すべてを拒絶していた青年は変わる。モモエが嫉妬するほどに。後に帝家の英雄になる青年の端緒を描く眠太郎懺悔録外伝。
【小説/ホラー】
  • 大理石の壁 眠太郎懺悔録 その6
    各話完結。邪神レベルの邪鬼をも統べる西の業界(カンパニー)。千年を生きた妖狐・青麗を倒し、新たな頭領となった畜兵・黒鵡は、鬼族の罠をやすやす突破し、妹ノエルを助けるが、どこか様子がおかしい。そして、東の帝家を訪れたひとりの少女。帝家の長、梅岩はノエルをかくまうが、そもそもそれほど強くない畜兵が柱神を務めることに疑問を抱く。ノエルを奪還しにきた邪鬼を迎え撃つ眠太郎たちだったが、あまりの実力差に勝てる気がしないと絶望に駆られる。なにせカンパニーには同程度の邪鬼が十ほどいるのだ……。信じていたもの——純白の大理石の壁に見つけてしまった汚れにどう決着を付けるのか、人間と邪鬼のやるせない物語。

青島龍鳴の書籍

But the world is beautiful
人類がスリルのため自らの肉体を擦り減らすことを止めた21世紀中頃、荒廃した首都の名高い東京ドームは大騒音と金属音が鳴り響き、鉄の巨人が鉄球をかかげ、赤い闘牛のデザインの大型戦車にコールが飛び交う。ふらっと現れた一人の男が鎧の戦士メタリックグラディエイターの運転士として観客の目の前で改造自動車を闘わせる格闘技と恋と友情の近未来SF小説。
発行年月:2012-05
出版社:文芸社