騒人 TOP > 著者一覧 > 井上真花
著者紹介
井上真花 (c)

井上真花(いのうえみか)

 有限会社マイカ代表取締役。一般誌や専門誌、業界紙や新聞、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ文庫」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

氏名:井上 真花(いのうえ みか)
性別:女
誕生日:7月26日
血液型:O型
職業:出版業
住んでいるところ:東京都文京区
生まれたところ:長崎県佐世保市
趣味:音楽、読書
履歴
 長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都文京区に在住。
 1995年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。
 その後再び独立し、2001年に「オフィスマイカ」を設立。
関連サイト

井上真花の記事

【エッセイ/エッセイ】
  • チャットH★潜入レポート (2010年05月30日 15時08分)
    ネットナンパを体験。おろおろする著者に代わり、ミカ16才女子高生を演ずるタケハル青年。人気抜群のミカを取り合う男どもを笑っていると、同じルームにいた「なお」が本番に……。本番とは何か? さて、その結末は。
  • 松田聖子世代★緊急レポート (2010年05月30日 15時12分)
    今回の離婚騒動を機会に、松田聖子さんと同い年の著者が、自分の人生を重ねて振り返り、そして進んでゆく。
  • マッサージサロン★潜入レポート (2010年05月30日 15時16分)
    マッサージといっても、針灸から指圧、ツボ押しなどさまざまなものがある。息子さんにマッサージしてもらっても蚊がとまった程度にしか感じなくなってしまった著者は、プロにお任せすることに決めたのだった。クイックマッサージに整体、そして究極(?)のインド系マッサージ。さて、その効果は?
  • ネットオークション★潜入レポート (2010年05月30日 15時18分)
    魅惑のYahoo!オークション。出品されている物をウォッチングする著者を、娘さんがのぞき込む。彼女が見つけたものとは? はたして手に入れられたのだろうか?
  • 新妻日記(1) (2010年05月30日 15時26分)
    再婚された著者が、はじめて旦那さんと息子さんが対面したときの様子を描く。人妻日記から5年。待ちに待ったエッセイがついに再開!
  • 恥ずかしい再婚 (2010年05月30日 15時33分)
    少しずつ仕事が入ってくるようになって、明日の食費も半年後の食費も心配することがなくなり、気が付くと、当たり前のように、ひとりの男性が隣で一緒に未来を語っていた。「どんな仕事しているの? いくつの人?」なんでもない質問に、筆者は恐怖する。「ん。あのね。年下なの」
  • かなしい気持ち (2010年05月30日 15時36分)
    ウェブ同好会「この指とまれ」(http://www.yubitoma.or.jp/)で、高校時代の同級生の名前を見つけた著者は、思い切ってメールしたのだった。久しぶりに会ったケイゾーくんと話が弾むなか、思いもかけないことを聞いたのだった……。
  • 人妻日記(1) (2010年05月30日 15時42分)
    1995年11月。やけどをした娘さんを病院につれてゆきぐったりし、有名になりたい息子さんに将棋士をすすめ、愛機100LXで原稿を執筆し、バンドに夢見る著者のとある日々の日記。
  • 人妻日記(2) (2010年05月30日 15時44分)
    1995年12月大晦日と1996年のお正月。奈良ホテルに宿泊する一家。“あめごち”をねだる娘さんをせかして春日神社へ参拝。「えせかわい子」の本性を知る息子さんと、子どもを脅かして楽しむ母。4日間の出来事。
  • 人妻日記(3) (2010年05月30日 15時46分)
    ついに、この日がやってきた。学校で性の授業を受けてきた息子さんは母に言う。子を持つ親に、必ず訪れるその日の出来事。著者はどう説明したのだろう。人妻日記俊逸のエッセイ。
  • 人妻日記(4) (2010年05月30日 15時48分)
    「MacがIBMに負けた訳」とはなにか? 三台あるパソコンのうち二台を修理に出して、残ったのは100LX。これで原稿を執筆しようとするが、残りのメモリが1メガしかない。さてどうするか……。先に修理から帰ってきたのはMacかIBMか。
  • 人妻日記(5) (2010年05月30日 15時50分)
    自分が働いて年下の彼と暮らすという彼女は女優のようにかっこよかった。それはそれでそれなりに「恋をすれば」。自立し始めた娘さんが見つけたぬいぐるみ「マミーちゃん」。十数年ぶりに抱きしめた感触が懐かしい「マミーちゃんと復縁した午後」の二編。
  • 人妻日記(6) (2010年05月30日 15時52分)
    電話は、その人の知らなかった部分を見せてくれる鏡でもある。人付き合いの苦手だった女性の、思いも掛けぬ明るい声を聞いて見なおしてみたり――電話の置き際、留守番電話の難しさを語る。
  • 人妻日記(7) (2010年05月30日 15時53分)
    海を見に行く。苦しみも、焦りも、悲しみもなにもかもが、霧が晴れるようにどこかへ散っていくような気がする――。人妻日記、最後のエッセイ。
  • 薬局日記(1) (2010年05月30日 15時55分)
    店長は大竹まこと。出身が九州だというだけで採用となり、勤め始めた薬局はマンウォッチャーの著者にとっては答えられない場所であった。かっちょいいおじさんに天真爛漫な高校生。どんな人々と出会ったのだろう。
  • 薬局日記(2) (2010年05月30日 15時58分)
    機嫌の悪い店長大竹の影を恐れつつ、もうひとりのパートさんである明るい女の子、ゆかりちゃんと仕事に励む(?)著者。恐れを知らぬ18才のゆかりちゃんは、こともあろう大竹の背中をぶったたき爆笑する。若さゆえ?
  • 薬局日記(3) (2010年05月30日 16時00分)
    いろんなひとがいるもんだ、というサブタイトルに納得。「あたしを見てよおばさん」と「やってみてよおばさん」。いるいる、こういう人、と頷くこと必至。こういう人にならないようにしましょうね。
  • 薬局日記(4) (2010年05月30日 16時02分)
    薬局にあるものは? 薬のほかに、石鹸、シャンプー、キッチン用品……。それだけではない、もっとすごいドラマがある。「おばあちゃんと息子さん」「ナロン少年」「包帯をください」の三編。薬局日記いちばんの作品。
  • 薬局日記(5) (2010年05月30日 16時05分)
    ゆかりちゃんが就職活動のため、薬局を辞してから一ヶ月。やっと新しいパートさんがやってきた。「店長ってってめちゃめちゃ優しい人なんですねー」などとのたまう二人に汗をかきつつ仕事を教える著者。小池さんと伊東さんは、この店をどう変えていってくれるのだろう。
  • 薬局日記(6) (2010年05月30日 16時06分)
    店長大竹の公休日。お店は三人の女性で守られるレディースディ。彼女らは勤務時間5分で、たちまちコーヒーとおしゃべりの世界に没入してしまうのであった。「ババシャツの誘惑」「肉うどん3本立て」の二編。
  • 電車に棲む人々(1) (2010年05月30日 16時08分)
    どういうわけか、フリーライターから記者になってしまった著者が体験した初めてのナンパ。どんな相手だったのかというと……。それは読んでのお楽しみ。電車内でのマンウォッチングに期待。
  • 電車に棲む人々(2) (2010年05月30日 16時09分)
    晴れて東京都民となった著者の、電車の中での出来事二編。オジイサンに席を譲られてしまったり、せっかく座れた座席から押し出されるも、おばちゃんの迫力に圧倒されるのだった。
  • 電車に棲む人々(3) (2010年05月30日 16時11分)
    今日も電車に揺られてマンウォッチング。携帯電話を片手に、隣の車両からも聞こえる大声で話す青年。それだけならばよかった。彼が話していた内容は、とてつもなく刺激的だった……。
  • 二人暮らし(1) (2010年05月30日 16時14分)
    息子さんを名古屋まで迎えに行く。別れのとき。「さびしくないかって?」大いに語る息子さん。思いがけぬ男の顔と子どもの無邪気さの同居。東京で二人暮らしのはじまり。
  • 二人暮らし(2) (2010年05月30日 16時16分)
    洗濯機コーナーには、上靴が真っ黒なまま数週間放置され、お風呂の排水溝には抜けた髪の毛がつまり、食卓の上には……自宅で仕事をすることになったのをキッカケに一念発起。一日かけて部屋を大掃除したのはよいのだけれども、次の日、息子さんの顔には無数のジンマシンが……。木魂の棲む部屋の惨状とは。
【コラム/PC・家電・IT】
  • ハイテクな恋人 (2010年05月30日 15時22分)
    テグレットの「美穂の旅」にハマる。インターネットの中を旅し、メールをくれる分身に返事を出すと、さらに返事が返ってくることがあるらしい……。ひょんなことから「美穂の旅」の取材をすることになる著者。そこで知った真相とは。

井上真花の電子書籍

【小説/現代】
  • ショートラブストーリー
    誰でも一度は味わったことのある「ちょっとした恋心」を、とても短いお話にまとめてみました。全18話、きっとあっという間に読めてしまいます。通学や通勤のお供としてお楽しみ下さい。
    価格:210円

井上真花の書籍

W-ZERO3[es]Style Book
W-ZERO3[es]Style Book
究極のモバイルを身につける幸せ。もっと使いこなしたくなるシチュエーションごとの活用法。
発行年月:2006-09
出版社:毎日コミュニケーションズ

Palm クロニクル
Palm クロニクル
ジョン・スカリーによって提唱されたPDA。その思想を完全に体現した携帯端末「PILOT」によって、Palmの伝説は始まりを告げる。Palmの登場により巻き起こるPDAブーム、Microsoftの参入、PDAの新たな姿であるスマートフォンへの進化…個性的なPalm端末とPalmwareが織り成す波瀾に富んだ年代記が、“最も人間の側にある電子頭脳”の理想の姿を浮き彫りにする。
発行年月:2007-03
出版社:技術評論社

まるごと type U
まるごと type U
ソニーから発売されたVAIO type Uは520gという超軽量なWindows XPマシンです。スライド式キーボードに代表される特徴的なハードウェアだけでなく、ワイヤレスLANやBluetoothなどフルスペックな機能を持ち、モバイル環境でも十分に使える実用性を兼ね備えています。本書では、type Uユーザや購入検討者を対象に、type Uの簡単な紹介から、基本的な使い方、type Uならではのモバイルでの使い道などを幅広く解説します。
発行年月:2006-08
出版社:技術評論社

CLIE スーパー使いこなしガイド
CLIE スーパー使いこなしガイド
インターネットや無線LANに接続でき、静止画や動画まで撮れてしまう新世代PDA「CLIE」(クリエ)の魅力と使い方をあますところなく紹介しています。すでに持っている人はもちろん、買おうかどうか迷っている人にも役立つ情報やノウハウが満載です。
発行年月:2003-02
出版社:毎日コミュニケーションズ

おしえて先輩!人気ホームページのつくり方
おしえて先輩!人気ホームページのつくり方
ホームページは作ったが、多くの人が訪れるでもなく、なんとなく続けている人がいる一方、魅力溢れる人気サイトを運営する人もいる。両者の差はどこにあるのか、魅力的なサイトを運営する人に取材を行い、その秘訣を探る。
発行年月:2002-10
出版社:ソシム

騒人の刺客
オンラインマガジン騒人の書き手、北見遼、井上真花、新美健、水瓶ジュン、天野雅によるここでしか読めない短編小説コラボ。
発行年月:2001-11
出版社:ブッキング